最新株式ニュース
2017年3月7日 フィスコ

日経平均は小幅続落、午後はソフトバンクGの動きに期待

 日経平均は小幅に続落。33.65円安の19345.49円(出来高概算7億5000万株)で取引を終
えている。6日の米国市場は、北朝鮮のミサイル発射を受けた地政学リスクの高まりから売
りが先行していた。これについては織り込み済みであるが、米国市場のこう着、円相場は1
ドル113円90銭辺りと小動きのなか、手掛かり材料に欠ける相場展開に。
 東証1部の騰落銘柄は、値上がり値下がり数は拮抗。セクターでは海運、石油石炭、鉱
業、倉庫運輸、その他製品、陸運が上昇。半面、非鉄金属、鉄鋼、ガラス土石、サービ
ス、銀行、ゴム製品が冴えない。売買代金上位では、任天堂<7974>、テンプHD<2181>、キ
ヤノン<7751>、ヤマトHD<9064>、日産自<7201>、NTT<9432>が上昇。半面、メガバンク3
行のほか、ネクソン<3659>、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>が冴えない。

 指数インパクトの大きいファーストリテ<9983>、ファナック<6954>がマイナス圏での推
移となり、日経平均への重しとなっている。日経平均の日中値幅は50円程度と狭いレンジ
での推移となり、方向感を掴みづらくさせている。一方でTOPIX、東証2部はプラス圏での
推移をみせている。連騰が続くマザーズ、JASDAQはマイナス圏で推移しているが、プラス
圏で推移している銘柄等により集中しやすいだろう。

 任天堂<7974>が売買代金トップと短期筋の資金を巻き込んで連騰。また、ソフトバンク
G<9984>は小幅ながらプラス圏で推移している。ソフトバンクGは5日線辺りでのこう着を
みせているが、動意をみせてくることができれば、市場全体へのインパクトにもつながろ
う。
(村瀬智一)