最新株式ニュース
2017年3月8日 フィスコ

7日のNY市場は下落

[NYDow・NasDaq・CME(表)]
NYDOW;20924.76;-29.58
Nasdaq;5833.93;-15.25
CME225;19340;-10(大証比)

[NY市場データ]

7日のNY市場は下落。ダウ平均は29.58ドル安の20924.76、ナスダックは15.25ポイント
安の5833.93で取引を終了した。共和党下院による医療保険制度改革法(オバマケア)
の代替案発表を受けて、トランプ大統領が製薬業界の競争激化や薬価引き下げに言及
したことで、同セクターを中心に売りが先行。最近の株価上昇を不安視する見方から
利益確定の動きも広がったが、雇用統計結果を見極めたいとの思惑もあり下値は限ら
れた。セクター別では、半導体・半導体製造装置やソフトウェア・サービスが上昇す
る一方で運輸やエネルギーが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比10円安の19340円。ADRの日本株はファナック<%%%6954
%%%>、三菱商<8058>、任天堂<7974>、HOYA<7741>が小じっかりな半面、トヨタ<%%%7203
%%%>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、日鉄住金<5401>が小安いなど、対東
証比較(1ドル113.99円換算)で高安まちまち。