コンサル流「格安セレブ術」
2017年3月10日 鈴木 貴博 [経済エンタテナー]

回転寿司チェーン店でコスパを最高に高める攻略法!
得する店&ネタ選びの極意や行列に並ばない方法、
そして気になる「代用魚」問題も格安セレブが解決!

 今回は、立ち食い寿司から銀座のミシュラン三ツ星店まで、あらゆる寿司業態を経験してきた私、鈴木貴博流の「回転寿司の楽しみ方」を伝授しよう。

 それほどお金を使わずに優雅な生活を目指す「格安セレブ」。その哲学にのっとれば、回転寿司は最も格安セレブ的な優雅な食事と言える。高級メニューの代名詞といえる「寿司」も、回転寿司チェーンの正しい使い方さえマスターすれば、驚くほど少ない出費で一流の寿司店にひけをとらない楽しみ方ができるのだ。

 格安セレブの回転寿司利用術には3つポイントがある。それが、「チェーン店の選択」、「予約方法」、そして「店内でのメニューの選び方」だ。順番にわかりやすく解説していこう。

回転寿司に行くなら「100円均一」を選べ!
原価率の高い「スシロー」「はま寿司」がおすすめ!

 まず大切なのはどの回転寿司チェーンを選ぶかだが、選択するにあたって重要なポイントが2つある。一つ目は「100円(税別)均一のチェーン店」を選ぶこと。そしてもう一つが「原価率が高くて正直な経営をしているチェーン店」を選ぶことだ。

 おいしい回転寿司のお店でも、皿の色や模様によって値段が異なるお店は、格安セレブの哲学に反する。我が家の場合、かつて苦労をともにしてきた妻は私と格安セレブの哲学を共有しているのだが、問題はうちの娘である。いくら教えこんでも値段が500円や700円の皿を平気で取るのでお金がかかって仕方ない。そのようなしつけにかかわる問題を避けるためにも、基本的に一皿100円のチェーン店を選択するべきだ。

 では、100円均一の中でもどのチェーン店を選ぶべきなのだろうか? 

「あきんどスシロー」の店舗「あきんどスシロー」は原価率が50%超といわれ、格安セレブおすすめの回転寿司チェーンの1つだ。

 回転寿司がこれだけブームになった最大の要因の1つが、回転寿司チェーンの競争激化を通じた原価率の上昇だ。回転寿司チェーンの原価率はたびたび経済誌などで調査結果が発表されているが、いま一番勢いがある回転寿司チェーン店『スシロー』では、なんと原価率が50%を超えたという。

 銀座の高級寿司店では原価率を25%ぐらいに抑えて残りは粗利になるようにしなければ経営が成り立たないものだが、回転寿司は薄利多売である。それでも50%というのは顧客に還元しすぎの数字だろう。実はかつて4強と呼ばれた回転寿司大手の一角がこの競争から脱落し、品質を落としてしまったのだ。

 また別のチェーンは原価率こそ高く保っているが、ロボットが握った寿司を最後に人間の手でぎゅっと握ってネタをしゃりに馴染ませる手間を省いてしまい、以前よりも味を落としている。また、人件費を下げようとして店舗の清潔さでも問題が起きている。

 そのような競争環境下では、格安セレブとして「顧客に高い原価率で還元をしているにもかかわらず、勢いがあるため人件費コストも十分にかけられるチェーン店」を選ばなければ名が廃ると考えている。

「はま寿司」の外観「はま寿司」も格安セレブがおすすめの100円均一回転寿司チェーンだ。

 とすれば、首都圏を中心に展開する大手の100円均一の回転寿司のチェーンの中なら、原価率の高い『スシロー』と『はま寿司』の二択しかない。どちらも原価率が高いうえに品質も店舗オペレーションも優れている。

 『はま寿司』はもともと『スシロー』の運営会社、あきんどスシローの大株主だったゼンショーが始めた寿司業態で、平日なら1皿90円(税別)と『スシロー』よりもさらに大きく消費者還元を進めている。この2つのチェーンは業界内でもコスパが抜きんでているのだ。

スマホアプリを使うだけで待ち時間ゼロ!
スシロー、はま寿司で行列を100%回避する方法

 さて行く店を絞ったところで、次に予約方法を紹介したい。コスパ最強な回転寿司チェーンで優雅に夕食を楽しむには、スマホで予約することが何よりも重要である。

 これらの店舗にいきなり行って、順番待ちのチケットを引くとどうなるか。たいがいは120分待ちといったチケットを引き、「とほほ」な状態になる。120分待ちなどしたことがないセレブなライフスタイルを理想とする人のために、スシローは「スシロー」アプリで、はま寿司は「はまナビ」というスマホ・携帯用サイト上でそれぞれ予約ができるようになっている(どちらも時間指定の予約には無料会員登録が必要)。

 ただし19時のような競争率の高いゴールデンタイムに『時間指定』で予約をとるのは難しい。そもそも休日の場合は、最初から16時ないしは21時のどちらかしか予約ができなかったりする。

「スシローアプリ」の受付画面「スシローアプリ」の受付画面。この時点では待ち時間が35分なので、到着する時間を考慮し、タイミングを見計らって順番待ち予約を入れることが大切だ。

 そこで重要なテクニックとなるのが、「タイミングを見計らって『順番待ち予約』をする」だ。簡単に言えば、19時に予約を取りたければ16時くらいからアプリを何度も覗いて、待ち時間を逆算しながら適切なタイミングで順番待ち予約を入れる方法である。

 ただし、このタイミングが意外と難しい。17時半時点の順番待ちが40分程度だったとしよう。まだ夕食には早いと思って18時まで待っていると、そこではもう順番待ちの時間が100分ぐらいになってしまっていたりする。

 このような場合、もし2人で出かける予定なら、まずは17時半の段階で一旦予約を入れてしまおう。それで18時には相方に予約を入れさせて、2つの予約のどっちを取るか検討する。この例だと18時10分(17時半から40分待ち)か、それとも19時40分(18時から100分待ち)かの二択になるので、どちらかより都合のよい方を選べばよい。

 たいがいのお店が呼び出した後、30分までは遅刻を認めてくれているので、この例なら18時40分までにお店に入れるなら前の方の予約で、19時40分以降がよければ後の予約で大丈夫だ。

 ただしマナーとして、どちらかの予約を放棄する場合は即時キャンセルして、他の顧客に迷惑をかけないようにしよう。

「スシローアプリ」なら2回来店で50円引き!
「はまナビ」なら、あおさの味噌汁が無料&50円引き!

 さて、アプリに登録をすると、必然的にポイントやクーポンでさらに得することができる。

 「スシロー」アプリの場合は、「スマホで受付・予約」し、お店についたらお客様受付案内台でチェックインをすると、来店日の翌日に「まいどポイント」が1ポイント付与される。つまり、来店するごとにポイントがつくのだ。獲得したポイントが「2、4、6ポイント」なら次回会計時に50円引き、獲得ポイントが「12ポイント」なら150円引き、「24ポイント」なら300円引きのように値引きでお得になる。

 50円割引はアプリの「利用するボタン」を押してから1週間何度でも利用可能で、150円または300円割引は1000円以上の会計で利用できる。

「スシローアプリ」のTOP画面「スシローアプリ」のTOP画面。来店ごとに貯まる「まいどポイント」で50円~の割引を受けることができる。

 「はま寿司」の「はまナビ」の場合は、会員になると割引クーポンが毎週送られてくる。こちらは定番のサイドメニューで100円の「あおさみそ汁」が無料になるのに加えて、毎週、2~3個のメニューが50円引きで楽しめる。しかも、グループ全員に割引が適用されるのでとてもお得だ。

「はまナビ」トップ画面(左)と「クーポン」ページ(右)「はまナビ」トップ画面(左)と「クーポン」ページ(右)。あおさみそ汁無料以外にも、2~3メニューが50円引きで楽しめる。

徹底的にコスパの高い皿だけを食べる方法!
原価率の高いネタ、低いネタを見分けるには?

 さて三番目の重要なポイントが、店内ではどのメニューを注文すべきか?である。ここはミシュラン店が大好きで、「神の舌」を持つといわれる私の経験値をぜひ参考にしていただきたい。

 寿司を注文するときの基本。それは淡白なネタから順に注文して、徐々に脂っこいものに移っていくことだ。その観点で最初は「たい」や「ぶり」あたりから注文し、その後「まぐろ」や「サーモン」、そして「とろサーモン」「うに」や「あなご」へと展開させるのが基本路線だ。

 そのうえでお得な食べ方をしたければ、「原価率の高いネタ」を中心に食べることをおすすめする。

 最近、多くの飲食店が「マージンミックス」を戦略の基本に置いている。お店の戦略として「うに」や「まぐろ」のような原価率が80%を超えるメニューで顧客を喜ばせるのと同時に、「かっぱ巻き」や「ツナ軍艦」「コーン軍艦」のような原価の低いネタや、「ウーロン茶」や「チューハイ」のような原価の低い飲料をミックスして儲けようとしているのだ。

 そこを裏読みし、なるべく原価の低い皿には手を出さないようにしよう。「うに」「まぐろ」はもちろん、「サーモン」「はまち」「アナゴ」といった伝統的な寿司屋のネタも総じて原価率は60%を超えている。そういった寿司ネタを中心に皿を選択するのだ。ドリンクもビールや100%果汁ジュースのような原価の高いものを中心に選ぶほうがお得である。

 さて、回転寿司で避けられない問題として代用魚の問題がある。日本の法律では、寿司屋で「タイ」とか「マグロ」と書いてあるネタが別の魚で提供されていたとしても罪に問われることはない。だから「サーモン」はたいがい「ニジマス」だし、「タイ」といっても「テラピア」や「アメリカナマズ」が原料だったりする。「エンガワ」はまちがいなく高価な「ひらめのえんがわ」ではなく「オヒョウ」や「アブラガレイ」の縁側だ。

 スーパーでは法律で本当の魚の名前を書かなければならない決まりになっているために「マグロ」のように見えながらもそうではない刺身には、きちんと「アカマンボウ」と原材料が書いてある。そうやって調べると残念なことに、たいがいの代用魚は食通でも本物と区別はつかないことがわかる。

 では、どうすればいいのか? 正解は「気にせず食べる」だ。代用魚はわれわれ普通のセレブだとまず違いはわからない。そしてこちらの理由のほうが重要なのだが、区別がつかない以上に、たいがいの代用魚は「意外とうまい」のだ。これは回転しない寿司屋にもしょっちゅう通っている私が言うのだから間違いない。今の物流の進化はものすごい。100円寿司チェーンに届けられる代用魚は、鮮度がよくてとてもおいしいのだ。

 だから鈴木家では100円均一の回転寿司チェーンに行っても、特別な180円の「特ネタ中トロ」や280円の「特ネタ本鮪大トロ」のような一皿で一貫しか載っていないような“本物の皿”は手にしない。「中トロ」や「大トロ」よりも、マグロの仲間では一段下に見られている「ビンチョウ」から取られる「ビントロ」のほうが安くておいしいことを知っているからだ。

 そう、「代用魚には何も問題がない」。この悟りの境地に至ることで初めて、回転寿司チェーンにおいて、幸せで格安な夕食を楽しむことができるのだ。だから鈴木家で回転寿司チェーンにでかけると、大概の場合、会計は3人でわずか3500円である。

「スシロー」を展開するスシローグローバルホールディングスの株価はこちら!
「はま寿司」を展開するゼンショーホールディングスの株価はこちら!