最新株式ニュース
2017年10月19日 フィスコ

ニコンの17年4-9月期営業利益は3割減の公算、計画上振れもサプライズなし

ニコン<7731>の17年4-9月期(第2四半期累計)営業利益は前年同期比3割減の190億円前後だったようだと報じられている。8月の第1四半期決算発表時に上方修正した予想(同37.3%減の170億円)をさらに上回ったもよう。売上高は同1%減の3400億円弱(従来予想は同3.7%減の3310億円)とみられている。売上高、営業利益ともに想定より減少幅が縮小したのは、国内で約1000人を減らすなどの合理化の効果に加え、デジタルカメラの販売が底入れしてきたことなどが要因のようだ。交流サイトに写真を載せるため、スマートフォンにない表現力や機能をデジカメに求める顧客が増えているという。また、今期は事業部門ごとに投下資本利益率(ROIC)を用いた採算管理を始め、売れ筋商品に絞った生産や広告宣伝費の効果的な配分が進んでいるもよう。18年3月期の通期業績については営業利益で450億円(前期は7.74億円)とする従来予想を据え置く可能性があると指摘している。構造改革の進展度合いなどで収益が振れるためだという。今回の観測報道は堅調な内容だが、第1四半期を31.1%営業減益で通過しており、17年4-9月期営業利益の市場予想もおおむね190億円前後となっているため大きなサプライズはない。株価は足元で年初来高値を更新しており、業績の底堅さをある程度織り込んでいるものと考えられる。なお、同社は11月7日に決算発表を予定している。

【プラス評価】
<3835>eBASE         修正 | <9640>セゾン情 修正
<8046>丸藤パ        修正 | <4516>日新薬   修正
<6550>Fringe81       修正 | <4229>群栄化   修正

【マイナス評価】
<7615>京都友禅       修正 |        

【中立】
<6182>ロゼッタ       修正 | <7731>ニコン   観測
<1860>戸田建        修正 |        


「通期」通期、「中期」中間期、「四半」四半期
「修正」上方・下方修正、「観測」観測報道