株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!
2018年1月2日 ザイ編集部

2018年に期待の「3大テーマ株」15銘柄を紹介!
資源価格の高騰や、働き方改革による省人化で
上昇しそうな株、来期の飛躍が期待できる株とは?

話題性だけでなく、中長期的な上昇が狙える「3大テーマ」に関連する銘柄の中から、プロが「買い」「強気」と評価する注目の15銘柄をピックアップ!

ダイヤモンド・ザイの「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気株500の激辛診断」特集では、日本株で注目度の高い人気500銘柄を、さまざまな視点からプロが厳しく判定し、「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価をつけている。

ここでは、今マーケットで注目されている3つのテーマの関連株で、プロが「買い」「強気」と評価したおすすめ銘柄を、5銘柄ずつ(計15銘柄)公開する!

【テーマ1】「資源価格」関連株
原油や石炭などの資源価格が上昇中で、商社や非鉄に追い風

 儲かる株を賢く見つけるなら、話題性だけでなく、企業の業績に貢献して中長期的な成長が見込めるテーマに着目することが大切。ダイヤモンド・ザイが注目する3大テーマの1つ目は、「資源価格」関連株だ。

資源価格関連株に注目!

 WTI原油価格が10月以降に急騰。また、インフラ投資に重要な銅も上昇トレンドが続いている。新興国を含めた世界景気の拡大により、資源価格の上昇は継続する見込みで、総合商社や非鉄各社の業績を押し上げそうだ。

◆資源価格関連の有望株 「買い」「強気」の5銘柄
銘柄名(コード) 投資判断 最新株価
双日(2768)
楽天証券の公式サイトはこちら!
JXTGホールディングス(5020)
楽天証券の公式サイトはこちら!
丸紅(8002)
楽天証券の公式サイトはこちら!
三菱商事(8058)
楽天証券の公式サイトはこちら!
三井金属(5706)
楽天証券の公式サイトはこちら!

【テーマ2】「省人化」関連株
働き方改革で省人化が脚光を浴び、企業のIT投資が活発に

 人手不足が深刻化する一方で、政府主導による働き方改革が本格スタート。人材派遣関連に注目が集まりがちだが、生産性を向上するための情報システムへの投資や、産業用ロボットの開発も待ったなしの状況だ。

省人化で注目される株

 たとえば、AI音声認識技術を持つ「アドバンスト・メディア(3773)」、工場の生産性を改善するシステム開発を手掛ける「富士通(6702)」などがその代表例となっている。

◆省人化関連株の有望株 「買い」「強気」の5銘柄
銘柄名(コード) 投資判断 最新株価
アドバンスト・メディア(3773)
楽天証券の公式サイトはこちら!
富士通(6702)
楽天証券の公式サイトはこちら!
パーソルホールディングス(2181)
楽天証券の公式サイトはこちら!
NTTデータ(9613)
楽天証券の公式サイトはこちら!
じげん(3679)
楽天証券の公式サイトはこちら!

【テーマ3】業績が加速する「来期の飛躍株」
来期の大幅増益が濃厚な、出遅れ感のある株を狙う

 最高益を更新する銘柄の株価が堅調なのは当たり前だが、市場の関心は来期(2019年3月期)の業績に移りつつある。

来期の飛躍株

 セクターでは、稼働率が上昇中の建機、値上げが浸透しつつある鉄鋼などは、来期の飛躍が濃厚。たとえば「ブリヂストン(5108)」のように、今期は原材料価格の高騰に苦しんだものの、来期増益回帰が見込める銘柄にも注目したい。

◆来期飛躍株の有望株 「買い」「強気」の5銘柄
銘柄名(コード)  投資判断 最新株価
ラック(3857)
楽天証券の公式サイトはこちら!
GMOインターネット(9449)
楽天証券の公式サイトはこちら!
ブリヂストン(5108)
楽天証券の公式サイトはこちら!
新日鐵住金(5401)
楽天証券の公式サイトはこちら!
そーせいグループ(4565)
楽天証券の公式サイトはこちら!

【※関連記事はこちら!】
今すぐ株を買いたい人必見!たった1日で口座開設できるネット証券はここだ!