最新株式ニュース
2018年1月5日 フィスコ

高島屋---大幅反落、12月の増収率鈍化をマイナス視

<8233>  高島屋  1169  -41
大幅反落。前日に12月の月次動向を発表している。子会社含めた百貨店売上高は前年同月比0.8%増にとどまり、前月の同3.9%増から伸び率は鈍化している。5カ月連続での増収となっているが、資産効果などによる高額品の伸長が期待されていた中、ネガティブに捉える動きが優勢のもよう。Jフロント<3086>なども前月と比べて失速しており、本日は百貨店各社の株価下落が目立っている。