最新株式ニュース
2018年2月15日 フィスコ

14日のNY市場は上昇

[NYDow・NasDaq・CME(表)]
NYDOW;24893.49;+253.04
Nasdaq;7143.62;+130.10
CME225;21495;+315(大証比)

[NY市場データ]

14日のNY市場は上昇。ダウ平均は253.04ドル高の24893.49、ナスダックは130.10ポイント高の7143.62で取引を終了した。1月消費者物価指数が予想を上振れ、利上げ加速への警戒感から売りが先行。その後は、原油相場の上昇や複数の主要企業決算が好感されたほか、米経済への楽観的な見方も広がり堅調推移となった。セクター別では、銀行や半導体・半導体製造装置が上昇する一方で公益事業や電気通信サービスが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比315円高の21495円。ADRの日本株はトヨタ<%%%7203%%%>、三菱UFJ<%%%8306%%%>、ファナック<%%%6954%%%>、ソフトバンクG<%%%9984%%%>、ホンダ<%%%7267%%%>、三井住友<%%%8316%%%>、ソニー<%%%6758%%%>、任天堂<%%%7974%%%>、ファーストリテ<%%%9983%%%>、ブリヂストン<%%%5108%%%>、伊藤忠<%%%8001%%%>など、対東証比較(1ドル107.01円換算)で全般堅調。