株式レポート
2018年3月8日 マネックス証券

先月9日の決算発表後に2社以上が目標株価を引き上げた銘柄は - 投資のヒント

1月下旬からスタートした3月決算企業の第3四半期の決算発表も先月中旬に終わりました。したがって2月に決算を発表した銘柄でもアナリストによる業績や目標株価の見直しが随分と進んだと思われます。そこで今回は先月9日に決算を発表したTOPIX500採用の3月期決算銘柄を対象に決算発表後に2社以上から目標株価の引き上げがあったもの(足元の株価を上回るもののみ対象)をピックアップしてみました。

そのなかでも目標株価の引き上げが目立つのがJXTGホールディングス(5020)で、通期の営業利益の見通しをそれまでの4000億円から4800億円に上方修正したこともあって決算発表後に6社が目標株価を引き上げています。また、東レ(3402)とダイフク(6383)、オリンパス(7733)、イオンフィナンシャルサービス(8570)でも決算発表後に3社が目標株価を引き上げています。