最新株式ニュース
2018年3月30日 フィスコ

大真空---大幅続落、想定以上の1-3月期業績悪化を嫌気

<%%%6962%%%>  大真空  1275  -67
大幅続落で昨年4月安値に接近。前日に業績予想の下方修正を発表したことがマイナス材料視されている。営業利益は従来予想の14.4億円から1.5億円に、最終損益は7.4億円の黒字から4.3億円の赤字に下方修正。為替相場の円高進行、中国スマホにおける生産調整の影響などが響いた。第3四半期累計での営業利益は6.4億円であったため、想定以上の1-3月期業績悪化となる格好に。