最新株式ニュース
2018年4月10日 フィスコ

ICEのスプレッチャーCEO、仮想通貨取引は無視できないトレンドに【フィスコ・ビットコインニュース】

ニューヨーク証券取引所(NYSE)のオーナーであるインターコンチネンタル取引所(ICE)のスプレッチャー会長兼最高経営責任者(CEO)は、ブルーンバーグTVとのインタビューで、「仮想通貨取引は無視できないトレンドとなっている」との見解を示した。「人々は、米国の中央銀行、米連邦準備制度理事会(FRB)よりも、ビットコインの創設者であるサトシ・ナカモトという人物により信頼を置いているようだ」と加えた。
ここ数年、不正や盗難にもかかわらず、数々の取引所が拡大している仮想資産取引に投資している。伝統的な取引所も顧客にサービスを提供。昨年12月にCMEグループ、Cboeグローバルマーケッツは、ビットコイン先物の取引を開始、ナスダックも検討を始めた。