株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!
2018年5月23日 ザイ編集部

「HEROZ(ヒーローズ)」の株価が公募価格の11倍
まで爆上げした背景とは?「HEROZ」の妥当な株価、
高値・安値の目安、現時点の投資判断をプロが診断!

2018年4月20日に上場し、初値が公募価格の11倍に急騰したAI関連の話題株「HEROZ(ヒーローズ・4382)」。株価は4月24日に初値4万9000円を記録して、その直後には4万9650円まで上昇したものの、5月11日には上場来安値1万9880円まで、半値以下に急落している。そんな「HEROZ」株は、まだ「買い」か、それとも「売り」か?

ダイヤモンド・ザイでは「これから10倍になる株」を大特集! 上場直後の若い株や、まだ脚光を浴びていない優良成長株を公開している。

今回はその中から、2018年4月に新規上場し、初値が公開価格の11倍になって注目された「HEROZ(ヒーローズ・4382)」に関する記事をピックアップ。「HEROZ」の初値急騰の理由や買い時を分析しているので、「HEROZ」をまだ知らない人はもちろん、売買のタイミングを図っている人も注目してみてほしい。

「HEROZ(ヒーローズ)」の初値が急騰した理由
⇒AI関連株全体の人気が株価の押し上げ要因

 「HEROZ(ヒーローズ・4382)」は、2018年4月20日に新規上場した企業で、AI(人工知能)を活用したインターネットサービスの企画・開発を手掛けている。企業向けにAI技術を提供するほか、AIを生かしたゲームも収益源となっている。

 名人に勝った将棋ロボット「Ponanza」を開発したことで有名であり、上場の際は公開価格の4500円から、約11倍となる4万9000円の初値をつけた。

 なぜ、「HEROZ」の株価はここまで上昇したのだろうか? IPO関連株の動向に詳しいフィスコの小林大純さんは、次のように解説する。

 「AI関連株は株価が急騰する傾向はありますが、ここまで買われたのは、『パークシャテクノロジー(3993)』が意識されたからです」

 「トヨタ自動車(7203)」が出資していることでも注目を集めたAI開発の「パークシャテクノロジー」は、2017年9月に上場。株価は一時、公開価格の約8倍となる1万6730円まで上昇したものの、その後はやや下落して、2018年5月8日現在では株価は2万3860円で、時価総額は約1700億円となっている。この「パークシャテクノロジー」が意識されたため、「HEROZ」も時価総額が約1700億円になる、株価5万円まで買われたのでは、というわけだ。

「HEROZ」の買いどきはいつ?
⇒好決算の発表まで「買い」は待て!

 「HEROZ」の株価はいったん4万9650円をつけたが、その後は急落し、2018年5月8日現在、2万3860円まで下落。当面は2万円が下値のメドとなり、2018年5月末以降に予定されている決算が今後を左右しそうだ。

HEROZの株価予測

 「『パークシャテクノロジー』は、今期の営業利益が前期比で41%増となる見通しですが、PERも約460倍と、非常に割高なので、株価は軟調です。『HEROZ』もPERは約330倍で、2019年4月期の決算発表で、40~50%以上の営業増益予想とならないと、2万円を割り込む可能性があります」

 株価に過熱感があるだけに、1万~2万円辺りに下落するまでは買いにくい。ただし決算発表で、2019年4月期の営業利益予想が前期比で2倍になるなど、期待以上の伸びが確認され、それを受けて株価上昇が始まれば、再び4万円台後半の高値をつける可能性もありそうだ。

(※関連記事はこちら!)
⇒"株価10倍"が狙える「不人気の優良成長株」に注目!ニッチな市場で稼ぐ「ホシザキ」や、主力の事業を変えた「アイケイ」を例に、10倍株の狙い方を伝授!