最新株式ニュース
2012年4月23日 フィスコ

日米金融政策と主要企業の決算を見極め

 足元で膠着感の強い相場展開が続いているが、重要イベントが集中する今週につい
ては、保ち合いレンジを上下いずれかに放れる格好でトレンドが出やすいだろう。国
内では27日に日本銀行が金融政策決定会合を開催、「経済・物価情勢の展望(展望リ
ポート)」を発表する。追加緩和策は織り込まれており、市場の注目は追加策の規模
となろう。
 また、米国では24-25日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれ、25日の会合後
にバーナンキFRB議長の会見が行われる。中国についても中国人民銀行(中央銀行)
は月内にも預金準備率の引き下げが実施されるとの見方がコンセンサスであり、各国
の金融政策が相場の方向性に大きく影響を与えることになる。

 また、米国では24日に米アップルの決算が発表される。先週は米ハイテク企業の慎
重な見通しが相次いだが、今週のアップルの決算が、スマートフォン関連などハイテ
ク企業へのアク抜けにつながる可能性は意識しておきたいところ。

 そのほか、今週から国内でも決算発表が本格化し、主要企業の発表が予定されてい
る。慎重な見通しについては織り込み済みであり、そのなかで自動車やハイテク企業
にはポジティブな内容が期待されている。主要企業の決算評価が景気敏感セクターへ
の見直しにつながるかが注目されるところ。

 直近で売買代金が1兆円を下回る状況が続くなか、市場エネルギーの回復には好材
料が必要となる。日米金融政策や国内外の主要企業の決算といった二大イベントを手
掛かりにした出直りが期待されよう。

 なお、20日のNY市場でダウ平均は65.16ドル高の13029.26、ナスダックは7.11ポイ
ント安の3000.45。シカゴ日経225先物清算値は、大証比40円高の9600円。ADRの日本
株はドコモ<9437>、キヤノン<7751>、三井住友<8316>が小じっかりな半面、トヨタ
<7203>、パナソニック<6752>、富士フイルム<4901>が小安いなど、対東証比較(1ド
ル81.53円換算)で高安まちまちだった。