ネット証券会社比較
【第17回】 2012年5月16日 ザイ・オンライン編集部

GMOクリック証券の売買手数料の安さが生きる!
最新のオールインワン型取引ツール
「スーパーはっちゅう君」の特徴とは?

GMOクリック証券は、株取引と先物・オプション取引向けの無料トレードツール「スーパーはっちゅう君」を4月14日にリリースした【図表1】GMOクリック証券は、3月10日に株取引の逆指値注文(先物取引に関してはすでに逆指値が利用可能)と、注文の有効期限を1カ月の範囲内で日付指定する機能をリリースしているが、スーパーはっちゅう君にも、もちろんそれらの機能が盛り込まれている。早速、実際の取引で使ってみた。

【図表1】「スーパーはっちゅう君」の全体画面。発注機能、分析チャート、銘柄一覧、ランキングや指数情報、ニュースなど多機能。
拡大画像表示

GMOクリック証券が従来提供していたダウンロード版トレードツールは、注文機能に特化したものだった。スーパーはっちゅう君は、注文機能、高機能チャート、銘柄一覧、ニュース、ランキング情報など、取引に必要な機能がひととおり搭載された「オールインワン」タイプとなっている。

GMOクリック証券といえば、業界最安水準の手数料で知られている(株の手数料比較はこちら⇒「手数料(一約定ごと)で選ぶ!証券会社おすすめランキング)」。手数料の安さに加え、逆指値注文が搭載され、オールインワンタイプのトレードツールも登場したことで、GMOクリック証券は個人投資家にとって、メインで使えるネット証券の1つになったと言えるだろう。

基本機能は同じでも、味付けが違う!

 スーパーはっちゅう君は、開発会社である「シンプレクス・コンサルティング」が証券会社に提供している取引システム「SPRINT(スプリント)」が土台となっている。このシステムを導入している「SPRINT系」の証券会社はいくつかあるが、各社ともツールは無料で利用できる。

 ただし、同じSPRINT系のトレードツールでも、証券会社によって仕様が少しずつ異なる。GMOクリック証券独自のカスタマイズが施されたツールが、スーパーはっちゅう君なのだ。

 参考までに、SPRINT系ツールを採用する各社の「特殊注文機能」を比較したのが【図表2】だ。野村證券「野村ネット&コール」のトレードツールでは、株取引で逆指値だけでなく、さまざまな特殊注文が使える。たとえば、保有銘柄の値動きに応じて損切りや利食い価格が自動的に変更される「追跡逆指値注文」も利用が可能だ。

 また、日経先物取引の場合、マネックス証券松井証券のトレードツールでは、逆指値だけでなく、「OCO注文」も利用できる(OCOとは指値と逆指値の同時発注。「ツイン指値」「追跡指値」などとも呼ばれる)。なお上の表の取引ツールに関して、松井証券は、気配板上から逆指値の発注が可能。マネックス証券では、気配板上から特殊注文の発注はできない。

【図表2】に掲載された各社のトレードツールを、すでに利用している人も多いと思うが、同じSPRINT系でも注文機能の差をはじめ、手数料、取引できる商品の違いがあることには注意しておくべきだ。

気配板上から指値、成行、逆指値をダブルクリック発注

【図表3】リアルタイム気配が表示される板上から発注できる。「買」「売」「買逆指」「売逆指」の列、「成行」の行がある点に注目。
拡大画像表示

 スーパーはっちゅう君の特徴の1つが「株式板注文」と「先物OP板注文」だ【図表3】。リアルタイムで価格が表示される「気配板」上から発注できる。取引区分や取引株数をあらかじめ設定しておけば、確認画面を省略し、板上の価格をダブルクリックするだけで発注が可能だ。

 特徴的なのは、「成行注文エリア」「指値注文エリア」「逆指値注文エリア」が分離されている点だ。通常注文と逆指値注文をボタンで選択するツールもあるが、スーパーはっちゅう君では、注文内容を区別する操作は不要。板上のどの行や列をクリックするかで、成行、指値、逆指値を区別する。

 注文を出した後、約定するまでは、注文数量が板上に表示される。価格を訂正したい場合は、マウスで表示数量を訂正したい価格の行にドラッグ&ドロップするだけ。注文取消も、「注文取消」欄にドラッグ&ドロップするか、「一括取消」ボタンをクリックするだけでいい。とてもシンプルで、感覚的に操作できる。

信用取引手数料無料のキャンペーンを実施中

 スーパーはっちゅう君では、ニュース欄からアナリストレポートが読める点も他社にはない特徴だ。投資情報会社のティー・アイ・ダヴリュが提供する「TIW企業調査レポート」を読むことができる。ニュースや適時開示、アナリストレポートは、日付や銘柄で絞り込んで調べられる。

 今後は投資情報の拡充、PC会員ページのウォッチリストとの連動機能、チャートテクニカル指標の追加などの機能強化が順次行われる予定だ。

 なお、GMOクリック証券は、スーパーはっちゅう君のリリースを記念し、「信用取引手数料無料キャンペーン」を実施中だ。キャンペーン期間は5月1日(火)~7月31日(火)。新規に信用取引口座を開設すると、最大3カ月間信用取引手数料が無料になる。この機会にスーパーはっちゅう君を導入してみてはいかがだろうか。

GMOクリック証券【証券情報⇒GMOクリック証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値)*税抜 口座開設
10万円 30万円 50万円
98円 241円 241円
GMOクリック証券のキャンペーン詳細情報はこちら!
【GMOクリック証券の特長】
株式売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、株主優待名人・桐谷広人さんも利用している人気の証券会社。近年は各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、ネット証券で上位5社に食い込むほど急成している。本格派のトレードツール「スーパーはっちゅう君」は株と先物取引の両方に利用できる優れもの。また、商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFD(差金決済取引)まである充実ぶり。CFDでは「日本225」「原油」「米国30」ほか、株式指数、商品(コモディティ)指数、人気の外国株など多彩な取引ができるので、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできて便利だ。頻繁に売買しない初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFDなどのレバレッジ取引も活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
GMOクリックの口座開設はこちら!

(文/久保田正伸)