最新株式ニュース
2018年12月13日 フィスコ

「仮想通貨とは」「ビットコインとは」が2018年のグーグル検索上位に

米国の検索大手グーグルが発表した2018年度の検索文言ランキングの日本版で、仮想通貨やビットコイン関連の検索が上位を占めたことが明らかになった。今年はコインチェックとZaifで巨額ハッキング事件が起きたことなどから、国内で仮想通貨に対するイメージが悪化しているように見えるが、人々の検索意欲は衰えていないようだ。
グーグルによると、「〇〇とは」部門の1位は「仮想通貨とは」で、4位は「ビットコインとは」。今年話題になった「皆既月食」や「裁量労働制」、「インフルエンサー」を上回った。

〇〇とは
1位 仮想通貨とは
2位 皆既日食とは
3位 ビットコインとは
4位 裁量労働制とは
5位 ガバナンスとは

また「〇〇仕組み」部門では、「仮想通貨 仕組み」が1位、「ビットコイン 仕組み」が2位、「ブロックチェーン 仕組み」が3位で、トップ3を業界関連の用語が独占した。

〇〇 仕組み
1位 仮想通貨 仕組み
2位 ビットコイン 仕組み
3位 ブロックチェーン 仕組み
4位 ワニワニパニック 仕組み
5位 バーチャル ユーチューバー 仕組み

一方、2018年度の検索文言のランキングの米国版では、”What is…? ”部門で、”What is Bitcoin”(ビットコインとは何か?)がトップ。”How to”部門では、4位に”How to buy Ripple(リップルの買い方)がランクインし、9位の”How to buy Bitcoin”(ビットコインの買い方)を上回った。

(記事提供:コインテレグラフ日本版)
コインテレグラフ日本版は世界中で読まれている仮想通貨ニュースメディア大手「Cointelegraph」の日本語版です。新聞社やTV局出身者で構成される編集部が海外チームと連携しながら、仮想通貨相場を動かすニュースを発信し続けています。