株式レポート
2018年12月19日 マネックス証券

決算後に強気の評価が増えた銘柄は - 投資のヒント

3月決算企業の中間決算発表も11月中旬に終了しそれから1カ月以上が経過しました。したがってアナリストによる業績や目標株価、さらに投資判断などの見直しも随分と進んだと思われます。こうしたなか投資のヒントでは決算発表後に目標株価の引き上げがみられる銘柄を取り上げてきましたが、今回は投資判断で強気の評価が決算発表前に比べて増えた銘柄をリストアップしてみました。

具体的には決算発表後に強気(強気とやや強気の合計)の投資判断が2人以上増えた銘柄をTOPIX500採用の3月決算銘柄のなかからピックアップしました。そのなかで強気の投資判断が3人増加したのが三井住友トラスト・ホールディングス(8309)で、決算発表前に5人だった強気の評価が決算発表後に8人となっています。そのほかソニー(6758)やトヨタ(7203)などでも強気の投資判断が2人増加しています。