ダイヤモンドZAi最新記事
2018年12月23日 ザイ編集部

2019年の「原油」と「金」の価格は、どう動くのか?
「原油」は米国産の輸出量増大で弱含みの後に上昇、
「金」も"米国の利上げ"鈍化で上昇するとプロは予想

ダイヤモンド・ザイ2月号
楽天ブックスで買う
お得な定期購読の詳細はコチラ!

2019年の「原油」と「金」の値動きを、専門家が大予測! 2018年後半は米株式市場の下落をきっかけに「原油」の価格が下落した一方で、安全資産の「金」価格は持ち直してきた。はたして2019年はどうなる?

発売中のダイヤモンド・ザイ2019年2月号は、年末年始の恒例企画「2019年『株』大予測&儲け方」を大特集! 投資のプロ100人が日経平均株価、マザーズ指数、NYダウなどの主な株価指数やドル円、ユーロ円などの為替レートの値動きを大予測しているほか、2019年に投資で儲けるための「勝ち戦略」&株価が上がる株や投資信託を掲載している。

今回はその中の「原油と金はどう動く?」を抜粋して紹介しよう!

原油は、50ドルで大量の売りが控え、
45ドルまで下がる展開も

 2018年の原油相場は、米国がイラン産原油の取引に制裁をかけ供給懸念から上昇、WTI先物価格は10月3日に約4年ぶりの高値を付けた。ところが、米国が一部適用除外を認めた途端、わずか1カ月半で1バレル=75米ドルから50米ドルへ急降下。米国株の急落にも連動して、価格急落に拍車がかかった。

 はたして、このまま2019年も下げ相場が続くのか。

 「WTI先物は1バレル=50米ドル近辺で売る権利を持っている人がたくさんいます。この権利行使によってもう一段階下げそうで、45米ドルまで下がると見ています」(みずほ証券シニアコモディティアナリストの津賀田真紀子さん)

 12月にOPEC総会で減産継続が決定したが、「2019年は米国で原油を輸送するパイプラインが3本新設され、OPEC減産分を米国産の輸出が吸収しそうです」(津賀田さん)。

 一方、大和証券チーフ・グローバルストラテジストの壁谷洋和さんは、「さすがに50米ドルは下げすぎです。60~70米ドルが産油国の米国にとっても心地のいい水準。原油の需要は年1.5%ペースで増えていますから、2019年に価格は戻すでしょう」と見ている。

金は、2018年10月に起きた米国株急落からの
長い”下げ相場”に変化の兆し

 2018年は利上げを繰り返した米ドルの“一人勝ち”状態だった。安全資産でありながら金利が付く米ドルに世界中のマネーが集まったのだ。「金」は金利が付かないため、米ドルの利上げ局面では売られやすく、2018年前半は「金」価格は下がる一方だった。

 転機は10月初旬の米株式相場の急落。これをきっかけに安全資産としての「金」が見直され、「金」価格は上昇に転じた。

 さらに米国の利上げは2019年にはペースダウンすると見られており、「長いこと続いていた『金』の下げ相場が修正されるでしょう」(ICBCスタンダードバンク東京支店代表の池水雄一さん)と予想されている。津賀田さんも「『金』は米国の財政収支と逆相関の動きをするので、10年くらいの長期ではジリジリと上昇していくでしょう」と見ている。

 さらに池水さんは、「世界中で『金』の価値が見直されています」という。例えば、ハンガリーの中央銀行は9月末には『金』の保有量が2.8トンにすぎなかったが、10月第2週には30トンと一気に10倍に増やしている。

 リスクを分散したければ、ドルと逆の動きをする「金」を保有しておくといいだろう。

2019年「株」全予測&儲け方は、
ダイヤモンド・ザイ2019年2月号をチェック!

ダイヤモンド・ザイ12月号

 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ2019年2月号の特集「2019年『株』全予想&儲け方」から”原油と金はどう動く?”を抜粋して紹介した。特集内では、そのほかに投資のプロ100人が日経平均株価、マザーズ指数、NYダウなどの主な株価指数やドル円、ユーロ円などの為替レートの値動きを大予測しているほか、2019年に投資で儲けるための「勝ち戦略」&株価が上がる株や投資信託を紹介している。2019年に株&投資信託で「勝てる銘柄」&「正しい儲け方」が載っているので、年末年始に読んで、2019年の投資戦略を構築してほしい。

 ダイヤモンド・ザイ2019年2月号では、ほかにも「買っていい×買ってはダメをズバ斬り! 人気の株500銘柄 激辛診断!」「全3710銘柄の最新理論株価」「数字オンチもOK! 5年で資産10倍にした、藤川里絵さんの株入門」「相続税・贈与税を0円にする節税ワザ10」「13年間ありがとう、さらばカツヤ! 勝谷誠彦の自腹で株投資[最終回]」など、お得な情報が盛りだくさん。

 また、別冊付録として桐谷広人さんが表紙の「株主優待カレンダー」を用意! 1~12月ごとの権利確定日や最終売買日はもちろん、日銀短観やFOMCなど、株式投資をするうえで知っておいたほうがいい重要な予定をチェックしたい人には必見の内容だ!

ダイヤモンド・ザイ2019年2月号は、全国の書店や楽天ブックスにて好評発売中!