クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]
2019年3月9日 ポイ探ニュース

ハワイでの「ホノルル空港⇔ワイキキ」の1人移動は
「エアポートシャトル」を利用するのがおすすめ!
「楽天トラベル」を利用すれば、往復の予約も簡単!

ハワイの道路

 2018年12月7日から、ハワイでもdポイントが利用できるようになったので、実際に使ってみるためにハワイに行ってきた。

 旅行ではなく出張なので、道中は1人での行動。となると、困るのは移動手段だ。空港からタクシーに乗ると、1人なので料金が高くついてしまう。かといって、公共交通機関を使うとなると、事前に経路を調べるのが大変だ。

 そこで思い出したのが、楽天トラベルのシャトルバス。このサービスをグアムで使ったことがあるが、事前に予約できて、料金も予約段階で確定するので安心。そこで今回も、楽天トラベルで、ハワイオアフ島のシャトルバス「エアポートシャトル」を予約することにした。今回は、この「エアポートシャトル」の利用方法を解説しよう。
【※関連記事はこちら!】
グアム旅行の空港⇔ホテル間は「空港シャトル」が超快適! 専用車で待ち時間もなく、チップも不要、日本語堪能な運転手のお得情報も聞けて満足度◎!

「エアポートシャトル」を利用するには、
楽天IDとは別の独自アカウントを作成しよう!

 まず、楽天トラベルのオプショナルツアー申し込みサイトである「ハワイトラベルデスク」にアクセスする。

 グアムやハワイでページが別々になっているが、どちらもアカウントは共通している。不便なのが、楽天IDではログインできず、新しくアカウントを登録する必要があることだ。筆者は、グアムに行ったときにこのサービスを利用していたので、その際に作成したアカウントでログインした。

 続いて、出発日や到着日、宿泊施設などの旅行日程(マイプラン)を登録する。アカウント登録、日程登録するだけの場合は無料で利用できる。

 続いて、トップページに戻り、売れ筋ランキングにも掲載されている「ホノルル空港送迎」を選択。

 そして、プラン選択で「片道エアポートシャトル(ホノルル空港発/ワイキキ地区ホテル)」を選択する。帰りの分も予約できるので、往復で利用したければそれぞれ予約すればOKだ。

 料金を確認すると、筆者が訪れた2018年時点では、4歳以上は1人あたり16米ドルだった。なお、4歳未満は無料だ。人数が多ければタクシーやUberを使ったほうが安いかもしれないが、今回筆者は1人なので、16米ドルならお得だろう。

 ただし、2019年以降は値上げされ、4歳以上は1人あたり17米ドルになったので注意しよう。とはいえ、1米ドルの違いなので、やはり1人で移動するなら「エアポートシャトル」のほうがお得だろう。

 続いて、「お申し込み」ボタンをクリックし、「予定日」「開始時間」「人数」を選択して「申込む」ボタンをクリックする。

 申し込み時にはクレジットカード決済画面が表示されないが、手配が完了してからカード決済URLがメールで送られてくる。

 決済画面に移動し、支払いが完了。これで手続きは完了だ。

 決済後、楽天トラベル側で支払いの確認がされると、確認メールが送信される。そのメールには、集合場所が「ホノルル空港団体出口(ロバーツハワイ・カウンター)」と書かれてあった。

 当日、ホノルル国際空港の出口を出て「ロバーツハワイ・カウンター」を探すと、「Roberts Hawaii EXPRESS SHUTTLE」という黄色い看板を発見。スタッフに名前と到着便名を伝えて、シャトル乗り場に移動した。

「Roberts Hawaii EXPRESS SHUTTLE」の看板

 ほかにも10組ほどの利用客がおり、それぞれのホテルで下ろしていく。筆者が宿泊したホテルは3番目くらいだったが、一番最後になってしまうと到着時間はかなり遅くなってしまいそうだった。

「エアポートシャトル」の利用では、
楽天スーパーポイントが貯まらないのが残念

 「エアポートシャトル」は、楽天トラベルのオプショナルツアー予約サイトからの申し込みとなるが、楽天IDでログインできないので、楽天スーパーポイントを貯めたり使ったりすることはできない。

 楽天トラベルとして楽天IDが連携されていれば「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」の対象になるので、楽天スーパーポイントもたくさん貯まるのだが、残念ながら、今はそういったシステムではない。「ハワイトラベルデスク」は、現時点では安く移動したり、オプショナルツアーを申し込むためのWebサイトだということを覚えておこう。

 1人の場合、ホノルル国際空港からワイキキエリアまでの移動では、おそらく「エアポートシャトル」を使うのが最安値だろう。ただし、2人以上だとUberを利用したほうが安いかもしれない。

 以上、今回は、楽天トラベルの「エアポートシャトル」を利用する方法について解説した。
【※関連記事はこちら!】
海外旅行のクレジットカード活用術【自宅~出発編】クレジットカードを使い分け、さまざまな付帯特典を利用しまくる“カードの達人の海外旅行術”を解説!
海外旅行のクレジットカード活用術【出発~帰国編】空港のVIPラウンジ利用や帰国時のハイヤーまで、カードの付帯特典を活用した海外旅行術を紹介!