最新株式ニュース
2019年1月23日 フィスコ

ライトニング・ネットワークを拡張した独自トークン発行可能に【フィスコ・ビットコインニュース】

ブロックチェーン技術で世界の課題解決に取り組むChaintopeが、パブリックブロックチェーン上で高速処理が可能な独自トークン・コイン発行のためのプラットフォーム「Inazma」を発表した。同プラットフォームは、パブリックチェーンを用いることで高い分散性を保持しつつ、ビットコインの取引処理を高速に実行することが出来るセカンドレイヤー技術として期待されるライトニング・ネットワークを拡張して独自に発行したトークンやコインの取引の高速化を実現するというもの。
企業が独自に発行するポイントプログラムに、Inazmaで発行したトークンを利用する場合、複数企業で共通ポイントの効率的な管理が行えるほか、他社の独自ポイントとの連携も設計できる。また、電子マネーのような形で独自コインを発行した場合、従来のビットコインなどをはじめとする仮想通貨の課題となっていた取引(処理)速度の高速化が可能なうえ、ポイントプログラム同様、他のコインとの相互利用も可能になるという。

2019年中のサービス実装を目指し、実際のサービスとしての利用を見据えた実証実験などを行っていく予定。同社は日本地方創生ICO支援機構(JARICOS)を昨年6月に設立するなど、ICOを用いた地方創生事業の支援などに取り組んでいる。