最新株式ニュース
2019年1月24日 フィスコ

東海カ、19年12月期営業益1000億円弱との観測

東海カ<5301>の2019年12月期は営業利益が1000億円弱と、前期推定値に比べ約3割増えそうだとの観測が報じられている。電気炉製鋼向けの資材である黒鉛電極の需要好調を受けた値上げが浸透し、利益率が上向く。また、18年に傘下に収めた米国や韓国の子会社も通年で貢献すると伝えている。コンセンサスの範囲内ではあるが、調整が続いていたこともあり、見直し材料になりそうだ。
【プラス評価】
<2332>クエスト   修正 |         

【マイナス評価】
<8894>原弘産    修正 | <7240>NOK    修正
<6486>イーグル   修正 |         

【中立】
<6096>レアジョブ 修正 | <9731>白洋舎    修正
<6594>日電産    四半 | <5301>東海カ    観測
<6999>KOA    修正 | <2501>サッポロHD 観測
<2664>カワチ薬品 四半 |         


「通期」通期、「中期」中間期、「四半」四半期
「修正」上方・下方修正、「観測」観測報道