最新株式ニュース
2019年2月1日 フィスコ

東エレク---反落、決算インパクト限定的で戻り一服へ

<8035>  東エレク  15470  -165
反落。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は587億円で前年同期比1.1%増、市場予想は小幅に上回った。下方修正が警戒された通期予想は据え置きとしている。また、2019年の半導体前工程市場は前年比15-20%減と、ほぼ市場想定通りの見方を示している。決算に大きなインパクトはなかったものの、クレディ・スイス証券では、固定費や研究開発費削減の意思は示されず、20.3期の利益に対してリスク含みの経営になるとみている。