最新株式ニュース
2019年2月6日 フィスコ

グーグル、仮想通貨取引データ分析機能の開発へ【フィスコ・ビットコインニュース】

グーグルがブロックチェーン技術に注力し、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の取引履歴データを分析するための一連のツール、ブロックチェーン ETLの開発を進めていることをフォーブスが報じた。
また同報道では、グーグルのオープンソース開発チームがこのソフトウェアをグーグルの分析プラットフォームであるビッグクエリ(BigQuery)に搭載したと伝えている。

ブロックチェーンの取引履歴は、誰でもアクセスはできるものの従来では誰もが簡単に履歴を検索できるものではなく、ブロックを分析するには特殊なソフトウェアが必要だった。しかしブロックチェーン ETLを利用すると、ユーザーはごく一般的な作業で履歴を検索することが可能となるという。

グーグルの開発チームでは、現在ライトコイン(LTC)、ジーキャッシュ(ZEC)、ダッシュ(DASH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ドージコイン(DOGE)など他の仮想通貨もビッグクエリに搭載中であるとしている。