ザイスポ!
【第21回】 2012年6月5日 ザイ・オンライン編集部

[ロバート・キヨサキが語った金持ち父さんの“勝利の公式”]
貯蓄に励む「貧乏父さん」は報われず、
負債を活用する「金持ち父さん」はリッチに!

10年ぶりの来日! ロバート・キヨサキさんインタビュー(第2回)

早ければ5年後、遅くとも10年後に世界経済はいよいよ行き詰まる――。前回(世界経済は崩壊に向かって突き進んでいるが、「金持ち父さん」にとってはむしろチャンス到来!)、「金持ち父さん 貧乏父さん」の著者として知られるロバート・キヨサキさんはこんなショッキングな結末を予言したが、「終わりの始まり」はリーマンショックやユーロ危機ではなく、もっとはるか以前まで遡るという。いったい、私たちが気づかないところで世界経済にはどのような異変が起きていたのか?

出征先のベトナムで「紙幣=紙切れ」を実感した

ロバート・キヨサキさん  ハワイ出身の日系4世米国人。実業家・投資家として成功し、47歳で早々と引退。『金持ち父さん 貧乏父さん』は全世界で累計2800万部の大ベストセラーに。

 最初に結論から言えば、1971年から資本主義経済は破滅に向かって進み始めたとロバート・キヨサキさんは見ている。

 この年の8月半ばに、当時のニクソン大米大統領は米ドルと金との兌換停止を発表した。いわゆるニクソンショックで、それは金本位制の崩壊を意味する。そして、その瞬間から米ドルの価値は実物資産である金の裏づけを失い、単なる紙きれ同然となって信頼性がどんどん失われていったという。

 「米国海兵隊士官として出征したベトナムからの帰還直前、私は紙幣自体の価値にも疑問を抱くようになった。現地でフルーツ売りの女性からマンゴーを買おうとしたら、彼女は私が差し出した米ドル札を拒絶したのだ。彼女が求めていたのは、紙きれとなりうる米ドル紙幣ではなく、実物資産である金だった」(ロバート・キヨサキさん)

 その頃からキヨサキさんは紙幣やペーパーアセット(有価証券)の価値に疑いを抱くようになり、今はどちらも一切信用していないそうだ。千葉幕張メッセで5月に開催された有料セミナー「ウエルスマネジメントエキスポ2012」の壇上で、彼はこう述べた直後にライターで米ドル紙幣を燃やした。