最新株式ニュース
2019年3月13日 フィスコ

Casa---急落、前期決算は上振れ着地も想定線で出尽くし感先行

<7196>  Casa  1047  -75
急落。前日に前1月期の決算を発表、営業利益は13.2億円で前期比13.6%増益、従来予想の12.5億円を上回る着地となった。年間配当金も従来計画の24.5円から26円に引き上げている。ただ、第3四半期までの進捗から業績上振れは想定線、11-1月期は営業減益に転じる形でもあり、出尽くし感が先行する状況となっている。また、今上半期の営業減益見通しなどもネガティブに捉えられているようだ。