最新株式ニュース
2012年6月6日 フィスコ

電力株---総じて売り優勢、原発早期再稼働への期待低下も

電力株
電力・ガスセクターが業種別下落率のトップ。電力株は東京電力<9501>を除いて全面
安の展開になっている。原発の新安全基準が出来るまでは、大飯原発に続く再稼働は
理解を得にくいとの見方が伝わっており、マイナス材料視されている。ここまでは、
大飯再稼働に伴い順次、他原発も再稼働していくとの思惑も高まってきていたとみら
れる。SMBC日興では、原発再稼動時期の従来想定比遅延を見込み、中部電
<9502>、四国電<9507>、九州電<9508>の目標株価をそれぞれ引き下げている。