最新株式ニュース
2019年3月15日 フィスコ

ヤーマン---急落、11-1月期は大幅減益と収益モメンタムが悪化

<6630>  ヤーマン  1196  -183
急落。前日に発表した第3四半期決算が嫌気材料視されている。累計営業利益は50.1億円で前年同期比9.4%増益となったが、11-1月期は7.8億円で同38.6%の大幅減益に転じている。11-1月期は店販部門の売上・収益が伸び悩む格好になっている。ここまで収益の急成長が続いていたが、足元でのモメンタム鈍化、収益のピークアウト懸念などが意識される形にも。