最新株式ニュース
2019年3月19日 フィスコ

仮想通貨の「ヘルス」をランク付け CoinMarketCapが新機能を追加

仮想通貨マーケットデータプラットフォームのCoinMarketCapが、仮想通貨のヘルス(健全性)を示す新たなランキングシステムを追加した。
新システムは、ファンダメンタル・クリプト・アセット・スコア(FCAS)と言われ、利用者のアクティビティや開発者の行動、市場の成熟度の観点から仮想通貨の「ヘルス」を測る。利用者のアクティビティは、プロジェクトの活用度やネットワークの活動状況を含め、開発者の行動は、コード変更や改善、コミュニティーへの関与などが考慮に入れられている。

また市場の成熟度とは、リスクや供給量などが要素になっている。仮想通貨が様々なシナリオにおいて一貫したリターンを提供できるかが考慮されている。

例えば下記のビットコインは、ヘルスが885(最高1000)で、ランクはA(最高S)となっている。

また、時価総額2位のイーサリアム(ETH)は、ヘルスが909で、ランクはSとビットコインを上回った。

時価総額3位のリップル(XRP)は、ヘルスが751で、ランクAとなっている。

一方、十分な米ドルを準備金として持っているかどうか、信用問題に揺れるステーブルコインのテザー(USDT)は、ヘルスが437で、ランクはFとなっている。

新システムを提供するのは、ブロックチェーン分析のスタートアップ、フリップサイド・クリプトだ。

(記事提供:コインテレグラフ日本版)
コインテレグラフ日本版は世界中で読まれている仮想通貨ニュースメディア大手「Cointelegraph」の日本語版です。新聞社やTV局出身者で構成される編集部が海外チームと連携しながら、仮想通貨相場を動かすニュースを発信し続けています。