最新株式ニュース
2012年6月21日 フィスコ

協和キリンの上期営業利益は従来予想を上振れとの観測

協和キリン<4151>の1-6月期営業利益は、前年同期比16%減の250億円前後の見通しと
報じられている。主力の腎性貧血治療剤「ネスプ」の販売が想定を上回るもようで、
従来予想の225億円を上回るもよう。通期業績についても上振れ含みと伝わっている
が、コンセンサスの通期営業利益は会社計画の480億円に対して500億円前後が見込ま
れており、ほぼ想定線である印象。

【マイナス評価】
<%%%3893%%%>日本紙        観測  |                

【中立】
<9842>アークランド  四半  |  <7594>マルカキカイ  修正
<9369>キユソー流通  修正  |  <4151>協和キリン    観測

「通期」通期、「中期」中間期、「四半」四半期
「修正」上方・下方修正、「観測」観測報道