クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]
2019年7月6日 ポイ探ニュース

「dポイント投資」で1年間ポイントを運用してみた!
「dカード」や「dカード GOLD」で貯めたdポイントを
簡単に増やせる「投資サービス」の運用成績を検証!

dポイント投資の画面

 2018年5月16日から、dポイントを運用できるサービス「dポイント投資」が始まった。
【※関連記事はこちら!】
「dポイント」を増やせる「投資サービス」が開始!口座開設せずに「dカード」や「dカード GOLD」で貯めたdポイントを100ポイント単位で運用できる!

 「dポイント投資」は最低100 dポイント、100 dポイント単位で投資することが可能で、運用コースは「バランスコース」と「アクティブコース」から選択できる。

 実際に筆者も「アクティブコース」でdポイントを1年間運用してみた。筆者が投資に使ったdポイントは下記のとおり。

■筆者のdポイント追加投資履歴
取引日 追加ポイント
2018年5月16日 1600ポイント
2018年6月12日 400ポイント
2018年7月7日 200ポイント
2018年7月10日 400ポイント
2018年8月14日 500ポイント
2018年9月12日 400ポイント
2018年9月20日 100ポイント
2018年10月13日 500ポイント
2018年11月19日 500ポイント
2019年1月11日 2000ポイント
2019年2月13日 1500ポイント
2019年3月13日 500ポイント
2019年4月12日 500ポイント
2019年4月24日 100ポイント
2019年5月10日 500ポイント
合計 9700ポイント

 定期的に貯まったdポイントを確認して、通常ポイントが100ポイント以上貯まったタイミングで追加投資したところ、1年間で投資したdポイントは合計9700ポイント(9700円相当)となった。

 そして、運用開始から1年後にあたる2019年5月16日にdポイント残高を確認してみると、9784ポイントとなっていた。つまり、「dポイント投資」によって84ポイント増えた(=追加投資しているので厳密な利回りではないが、年利にすると0.87%)ということだ。

 では、この1年間の日経平均株価を見てみよう。2018年5月16日の終値が2万2717.23円で、2019年5月16日の終値が2万1062.98円だった。つまり、この1年間で日経平均は1654.25円、約7%のマイナスというわけだ。

 このように日経平均が下がっているにもかかわらず、「dポイント投資」の「アクティブコース」はプラスになっているので「運用成績はいい」と言えるだろう。dポイントは、期間・用途限定ポイントだけでも買い物などでは十分活用できるので、通常ポイントに関しては、今後も運用にまわしていきたいと思う。
【※関連記事はこちら!】
クレジットカードのポイントを投資で増やす時代に!還元率1.0%のインヴァストカードや楽天カードで貯めたポイントを運用して、還元率をアップさせよう

 以上、今回は、「dポイント投資」でdポイントを運用してみた結果をレポートした。


■「dカード」や「dカード GOLD」を保有して、投資サービスに使えるdポイントを貯めよう!
「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード!ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!