クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]
2019年7月27日 ポイ探ニュース

人気旅館「箱根・翠松園」に「アメックス・プラチナ」の
特典で宿泊してみた! 予約困難な旅館も簡単に予約
できるうえに、レイトチェックアウトなども使える!

箱根・翠松園の外観

 2018年に「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の特典である「国内旅館でのご優待」を利用して、通常は宿泊予約を取るのが難しい人気旅館「強羅花壇」を予約した。
【※関連記事はこちら!】
「強羅花壇」の予約を取るには「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」を持つのがおすすめ!「Platinum Card Benefit Book」の特典内容を紹介

◆2019年4月から、ついにインビテーション不要で申し込み可能に!
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
還元率 0.33~1.5%
(※ポイントをマイルに交換した場合。1マイル=1.5円換算)
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」のカードフェイス
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税抜) 13万円
家族カード(税抜) あり(4人目まで年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 「アメックス・プラチナ」は、招待不要で申し込める最強のプラチナカード! 年会費は13万円と高額だが、空港やホテル、コンシェルジュのサービスはピカイチ
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の公式サイトはこちら

 2019年3月末でこの特典が終了したと思っていたが、終了したのは“国内ホテル”のみで、“国内旅館”については継続となっていた。そこで、2019年は「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の特典を使って「箱根・翠松園」に宿泊することにした。

 「箱根・翠松園」も人気の旅館で、なかなか宿泊予約が取れない。5月前半に、6月と7月の空室状況を「一休.com」で調べたところ「空室なし」の日も少なくなかった。

 なお、「箱根・翠松園」の公式サイトで「プレシャススイート ツイン」の部屋を検索したところ、5月前半の時点では、6月分の更新がされていないので予約できなかった。

 しかし、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」では、会員向けに「箱根・翠松園」の部屋を1日につき1部屋だけ用意しているので、上記の「空室なし」となっている日でも、ほかの会員が予約していなければ予約可能だ。

 さらに、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」で予約すると、下記の特典も利用できる。

• 夕食後にワンドリンクをサービス
• 滞在中エステ施術の利用料金を20%オフ(事前の予約が必要)
• チェックアウト時間の延長(12時まで)
• 手荷物無料宅配サービス

 なお、「一休.com」のダイヤモンド会員の場合は、以下の特典を利用できる。

• 12時までのレイトチェックアウト確約
• 季節のフルーツ盛り合わせ(1滞在につき1回のみ)


 通常のチェックアウトは11時なので、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の保有者や「一休.com」のダイヤモンド会員の場合は1時間の延長となる。

 また、「一休.com」のダイヤモンド会員の場合は、フルーツの盛り合わせがサービスされるそうなので、空室があるなら、「一休.com」のダイヤモンド会員特典を使ったほうがお得に感じるかもしれない。
【※関連記事はこちら!】
「一休.com」の上級会員が使えるホテル特典を解説!部屋のアップグレードやレイトチェックアウトなど、お得で便利なサービスを無料で利用できる!

◆2019年4月から、ついにインビテーション不要で申し込み可能に!
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
還元率 0.33~1.5%
(※ポイントをマイルに交換した場合。1マイル=1.5円換算)
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」のカードフェイス
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税抜) 13万円
家族カード(税抜) あり(4人目まで年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 「アメックス・プラチナ」は、招待不要で申し込める最強のプラチナカード! 年会費は13万円と高額だが、空港やホテル、コンシェルジュのサービスはピカイチ
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の公式サイトはこちら

人気旅館「箱根・翠松園」の部屋や料理のほか、
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」で使える特典も解説!

 ここからは、予約後から当日までの流れをレポートしていこう。「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」のコンシェルジュデスクに電話して「箱根・翠松園」を予約すると、「ご宿泊・予約確認書」がPDFで送られてきた。

 宿泊当日の15時ごろに宿へ到着すると、すぐ部屋に案内された。ちなみに、チェックイン・チェックアウトの手続きは部屋でできた。

「箱根・翠松園」の部屋の内観

 寝室やバスルームなどはセパレートだった。

「箱根・翠松園」のベッドルーム

 ベッドの前に洗面所などがあり、その奥に露天風呂が設置されていた。館内には大浴場もあるが、それほど大きくないので、部屋の風呂を使ったほうがよさそうだ。

「箱根・翠松園」の露天風呂

 筆者が宿泊した日は雨だったので、通常なら外にあるはずのハンモックがなかった。冷蔵庫のドリンクは無料なのもうれしい。

「箱根・翠松園」の冷蔵庫の中身

 雨が降っていても緑が美しく、部屋でゆっくり過ごしても楽しいのが箱根の魅力だろう。

「箱根・翠松園」の部屋から見た景色

 夕食・朝食は部屋食ではなく、レストランへ行く必要があった。それほど遠くはないが、やはり部屋食のほうが楽だ。とはいえ、案内されたのは掘りごたつ式の個室で、ゆっくり食事を楽しめた。

「箱根・翠松園」の食事会場

 「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の特典なのか、食前にはシャンパンなども注文できた。予約確認書には「食後」と書いてあったが、食前の間違いかもしれない。

「箱根・翠松園」のサービスドリンク

 事前に苦手な食材なども伝えていたので、筆者の家族それぞれでメニューも異なっていた。食事は、どれもおいしかった。

「箱根・翠松園」の夕食

 食事が終わるころには日が暮れていて、ライトアップされた緑が美しかった。

「箱根・翠松園」の部屋から見たライトアップされた景色

 朝食もレストランでの提供となるが、同じく個室だった。朝食は外国人観光客も増えている影響か、和食と洋食を選択できた。今回、筆者は洋食を選んだ。

「箱根・翠松園」の朝食

 2日目はすっきり晴れた。レイトチェックアウト特典が適用されて、チェックアウトは12時だったので、その時間まで妻はエステ、筆者は子供達と散歩してアジサイを見たり、サワガニを捕まえたりして楽しんだ。ちなみに「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の会員なら、エステを事前予約した場合は20%オフになる。

「箱根・翠松園」の近くで見たアジサイ

 やはり、レイトチェックアウトは、通常のチェックアウトよりもゆっくりできるので快適だ。さまざまなホテルや旅館でレイトチェックアウト特典を使えるのも「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」や「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」の魅力といえる。
【※関連記事はこちら!】
「アメックス・プラチナ」は、招待不要で申し込める最強のプラチナカード! 年会費は13万円と高額だが、空港やホテル、コンシェルジュのサービスはピカイチ

 「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」がインビテーション(招待)制から申し込み制になった影響で、さまざまな特典が2019年3月で終了してしまった。しかし、「国内旅館でのご優待」や「手荷物無料宅配サービス(国内旅館)」といった特典については、2019年4月以降も利用できる。

 利用できるのはいいが、特典内容や対象旅館を確認できる「Benefit Book」が終了している。特典を確認しづらいのは不便なので、早く対応してほしいところだ。

 とはいえ、旅行会社が1日1部屋をおさえていることはあるが、カード会社がおさえているというのは珍しい。これは「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の大きなメリットだろう。

 以上、今回は、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」特典の「国内旅館でのご優待」について解説した。

◆2019年4月から、ついにインビテーション不要で申し込み可能に!
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
還元率 0.33~1.5%
(※ポイントをマイルに交換した場合。1マイル=1.5円換算)
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」のカードフェイス
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税抜) 13万円
家族カード(税抜) あり(4人目まで年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 「アメックス・プラチナ」は、招待不要で申し込める最強のプラチナカード! 年会費は13万円と高額だが、空港やホテル、コンシェルジュのサービスはピカイチ
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の公式サイトはこちら

【2019年5月1日時点・最新情報】
◆「アメリカン・エキスプレス」が発行する
 クレジットカードのおすすめ情報はコチラ!
アメリカン・エキスプレスおすすめ比較

還元率 年会費
(税抜)
旅行保険 カード
フェイス
国内旅行 海外旅行

 ◆アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

0.33~1.5%
(※)
2万9000円 最高
5000万円

(利用付帯、
最高1000万円の
家族特約あり
最高
1億円

(うち5000万円は
自動付帯、
最高1000万円の
家族特約あり)
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら
【国内空港のラウンジ】◎ 国内28空港及びダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ハワイ・ホノルル国際空港)、
                韓国・仁川国際空港を本人+同伴者1名まで無料で利用可能

【海外空港のラウンジ】 本人+家族会員が世界1200カ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスに
                登録可能。1回32米ドルの利用料が年2回までは無料(3回目以降は1回32米ドル)
【アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのおすすめポイント】
日本で最初に発行された「ゴールドカード」だけに、ステータス&付帯サービスは最高レベルで、一般的なゴールドカードとはケタ違い。高級レストランを2人以上で利用すると1人分が無料になる「ゴールドダイニング by 招待日和」や「プライオリティ・パス」、手荷物無料宅配サービス、最高1億円の海外旅行傷害保険など、一般的なプラチナカードとほぼ同等の付帯サービスが受けられるので、名前は「ゴールド」でも実質「プラチナカード」。家族カードは1人目無料(2人目以降は年1万2000円)。
(※年3000円(税抜)の「メンバーシップ・リワード・プラス」加入、ポイントをマイルに交換した場合。1マイル=1.5円換算)
【関連記事】
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
「プライオリティ・パス」で海外の空港ラウンジが使い放題になるクレジットカードを比較!アメックス・ゴールドのサービス内容改善に注目!
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・カード

0.33~1.5%
(※)
1万2000円 最高
5000万円

(利用付帯、
最高1000万円の
家族特約あり
最高
5000万円

(利用付帯、
最高1000万円の
家族特約あり
アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら
【国内空港のラウンジ】◎ 国内28空港及びダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ハワイ・ホノルル国際空港)、
                韓国・仁川国際空港を本人+同伴者1名まで無料で利用可能

【海外空港のラウンジ】△ 世界1200カ所以上の空港ラウンジが1回32米ドルで利用できるプライオリティ・パスに登録可能
【アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント】
「アメリカン・エキスプレス」の定番カード。名前に「ゴールドカード」とは入っていないが、付帯サービスの充実度は他社の「ゴールドカード」と同等か、それ以上! 国内28空港のラウンジを本人+同伴者1名が無料で使えるほか、成田、羽田、関西、中部の4空港では往復1つずつの「空港手荷物無料宅配サービス」、世界1200カ所以上の空港ラウンジが使える「プライオリティ・パス」のスタンダード会員(1回27米ドルで利用可能。通常年会費は99米ドル。本会員だけでなく家族会員にも付帯!)に無料で登録できるなど、特に旅行関係の付帯サービスはゴールドカードでは最強レベル!
(※年3000円(税抜)の「メンバーシップ・リワード・プラス」加入、ポイントをマイルに交換した場合。1マイル=1.5円換算)
【関連記事】
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
アメリカン・エキスプレス・カードの本当の魅力は? 高いマイル還元率や24時間のサポート体制など、ゴールドカード以上の充実したサービスの全貌に迫る
「アメックス」のカードに描かれている人物は誰だ!?「アメックス」の最上位カードの名前にもなっている「センチュリオン=古代ローマ軍の百人隊長」とは?
アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら

 ◆スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
(SPGアメックス)

1.875%
(※)
3万1000円 最高
5000万円

(利用付帯、
最高1000万円の
家族特約あり
最高
1億円

(うち5000万円は
自動付帯、
最高1000万円の
家族特約あり)
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)の公式サイトはこちら
【国内空港のラウンジ】◎ 国内28空港及びダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ハワイ・ホノルル国際空港)、
                韓国・仁川国際空港を本人+同伴者1名まで無料で利用可能

【海外空港のラウンジ】
【スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント】
世界的ホテルグループ「スターウッドホテル&リゾート」との提携カードで、年会費を支払って更新すると、「スターウッドホテル&リゾート」や「ザ・リッツ・カールトン」を含めた「マリオット・インターナショナル」の系列ホテルの無料宿泊券が毎年もらえる。日本では東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルの「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」や「ウェスティンホテル東京」などに宿泊可能で、その宿泊料金は2万5000円以上なので、年会費は実質6000円以下と格安にポイントは無期限で貯められ、40社以上の航空会社のマイルに交換可能。通常100円につき3ポイント貯まり、6万ポイント=2万5000マイルの高い交換レートで移行できるので還元率1.875%の高還元カードに!
(※1マイル=1.5円換算。6万ポイントを一度にマイルに移行した場合は6万ポイント⇒2万5000マイルに)
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(プラチナカード部門)
SPGアメックスがさらなる進化で“神”カードに!? マリオットホテルのスターウッドホテル買収により、世界No.1ホテルチェーンでも得する最強カードに!
SPGアメックスは、アメリカン・エキスプレス発行のカードの中で、専門家がイチオシする最強カード!カードの達人が「アメックスの魅力と活用法」を解説
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)の公式サイトはこちら
還元率 年会費
(税抜)
旅行保険 カード
フェイス
国内旅行 海外旅行

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5~4.5%
(※)
1万円 最高
2000万円

(利用付帯、
最高1000万円の
家族特約あり
最高
3000万円

(利用付帯、
最高1000万円の
家族特約あり
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【国内空港のラウンジ】◎ 国内28空港及びダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ハワイ・ホノルル国際空港)、
                韓国・仁川国際空港を本人+同伴者1名まで無料で利用可能

【海外空港のラウンジ】
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
最強のマイル系クレジットカード」との呼び名が高いカード。通常は100円で1ポイント(=1マイルと交換可能)が貯まり、対象航空会社28社・旅行会社2社で航空券代金やツアー代金を支払うと通常の3倍のポイント(100円=3ポイント=3マイル)が貯まるので、航空会社発行のクレジットカードよりもマイルが貯まりやすいのが最大の特徴。さらに、貯まったポイントはANA(全日空)やデルタ航空、シンガポール航空、エールフランス、エミレーツ航空など、提携航空会社15社のマイルを自由に選んで、無期限で交換が可能
(※1マイル=1.5円換算。対象航空会社や旅行会社で航空券などを購入した場合、ポイント3倍)
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(マイル系カード部門)
「アメックス・スカイ・トラベラー・カード」は、高還元&無期限で貯めたポイントを、航空会社15社のマイルに自由に交換できる“最強のマイル系カード”!
「アメックス・スカイ・トラベラー・カード」は高還元+無期限+航空会社が自由に選べる、最強マイル系クレジットカードとして達人も太鼓判!
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら

 ◆ANAアメリカン・エキスプレス・カード

1.5~2.25%
(※)
7000円
(+6000円、
ポイント移行
コース登録料)
最高
2000万円

(利用付帯、
最高1000万円の
家族特約あり
最高
3000万円

(利用付帯、
最高1000万円の
家族特約あり
ANAアメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら
【国内空港のラウンジ】◎ 国内28空港及びダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ハワイ・ホノルル国際空港)、
                韓国・仁川国際空港を本人+同伴者1名まで無料で利用可能

【海外空港のラウンジ】
【ANAアメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント】
ANAマイルを「無期限」で貯められる(年6000円のポイント移行コース登録時)ため、「ANAマイルを有効期限内に使えない」という悩みを解消できる! 大量にマイルを貯めれば「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券と交換することが可能になるので、1マイルの価値を高められるのは大きなメリット。空港ラウンジの利用や手荷物無料宅配サービス、海外旅行傷害保険などの付帯サービスも充実

(※1マイル=1.5円換算。ANAグループで航空券などを購入の場合、ポイント1.5倍)
関連記事
「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」ならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ!じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「長距離+ビジネスクラス」の航空券への交換で驚異の還元率5~7%も達成可能になる!有効期限3年のANAマイルを無期限で貯める方法!
ANAアメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら

 ◆デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

1.5~4.5%
(※)
2万6000円 最高
5000万円

(利用付帯、
最高1000万円の
家族特約あり
最高
1億円

(うち5000万円は
自動付帯、
最高1000万円の
家族特約あり)
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら
【国内空港のラウンジ】◎ 国内28空港及びダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ハワイ・ホノルル国際空港)、
                韓国・仁川国際空港を本人+同伴者1名まで無料で利用可能

【海外空港のラウンジ】
【デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのおすすめポイント】
デルタ航空やエールフランスなどが加盟する「スカイチーム」のゴールド会員資格がもらえるという特典つきのお得なクレジットカード。「スカイチーム」の空港ラウンジが利用可能になるほか、搭乗時のボーナスマイルが2倍優先チェックイン優先搭乗座席のアップグレードなど、「スカイチーム」の上級会員ならではのワンランク上の旅行が実現可能に!

(※1マイル=1.5円換算。デルタ航空の航空券を購入した場合、ポイント3倍)
関連記事
デルタ航空の「スカイマイル」を効率よく貯められる最強クレジットカードは「JCBテイクオフカード」!無期限のデルタ航空のマイルで得する方法を伝授
「デルタ アメックス・ゴールドカード」があれば、空港で優先チェックインや優先手荷物検査など、ビジネスクラス同等の快適サービスが利用できる!
「ステータスマッチ」でホテルの上級会員になろう!「デルタ アメックス・ゴールドカード」を使えば、1泊もせずにマリオットのゴールド会員を入手可能!
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

0.33~1.5%
(※)
13万円 最高
1億円

(利用付帯、
最高1000万円の
家族特約あり
最高
1億円

(うち5000万円は
自動付帯、
最高1000万円の
家族特約あり)
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの公式サイトはこちら
【国内空港のラウンジ】◎ 国内28空港及びダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ハワイ・ホノルル国際空港)、
                韓国・仁川国際空港を本人+同伴者1名まで無料で利用可能

【海外空港のラウンジ】 本人、家族会員とも無料で「プライオリティ・パス」を発行できるほか、
                「センチュリオン・ラウンジ」や「デルタ スカイクラブ」などの空港ラウンジも利用可能
【アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのおすすめポイント】
従来は「アメックス・ゴールド」などの利用者で「インビテーション(招待)」を受けた人だけが入会できるクレジットカードだったが、2019年4月から、ついにインビテーション不要で申し込めるように。年会費13万円(税抜)と高額だが、国内50カ所以上のホテルに年1回無料で宿泊できる「フリー・ステイ・ギフト」、部屋のアップグレードやレイトチェックアウトなどの優待特典を世界1000カ所以上の高級ホテルで使える「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」24時間365日秘書のように使える「プラチナ・コンシェルジェ・デスク」、カードでの決済有無を問わず、電化製品やカメラなどが破損した場合に購入金額の50~100%を補償してくれる「ホームウェア・プロテクション」など、特典の豊富さ&ステータスの高さはプラチナカードの中でも最高レベル! また、カード自体が金属で作られているという特別感も◎。
(※貯めたポイントをマイルに交換した場合。1マイル=1.5円換算)
関連記事
【アメリカン・エキスプレス・カードを一覧で比較】アメックスが発行する13枚のカードの年会費や特典、還元率を比較して、自分にピッタリの1枚を探そう!
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」は海外に行かない人にもお得! 無料宿泊特典など、国内だけでも魅力いっぱいの付帯サービスが満載!
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」はホテルで最強に得するクレジットカード!アメックスの独自特典&ホテルの上級会員向け特典が使えて得!

「アメックス・プラチナ」がインビテーション不要で入会可能になったという噂は本当か!? アメックス・プラチナに入会するために5つの条件を詳しく解説!
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

0.33~1.5%
(※)
3万1000円
(初年度年会費が
無料になる
キャンペーン実施中)
最高
5000万円

(利用付帯、
最高1000万円の
家族特約あり
最高
1億円

(うち5000万円は
自動付帯、
最高1000万円の
家族特約あり)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら
【国内空港のラウンジ】◎ 国内28空港及びダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ハワイ・ホノルル国際空港)、
                韓国・仁川国際空港を本人+同伴者1名まで無料で利用可能

【海外空港のラウンジ】
【アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのおすすめポイント】
個人事業主または法人代表者が利用できる法人クレジットカード。毎月、店名や業種を日付順に記載した明細書が発行されるので経費の処理が簡単になるほか、海外旅行時の自宅⇔空港間の手荷物無料宅配サービスはもちろん、東京駅から23区内のホテルまで当日中に手荷物1個を無料配送してくれるサービスや、コンシェルジュのように利用できて接待や飲み会のセッティングが可能な「ビジネス・ダイニング by ぐるなび」など、ビジネスシーンで使える便利な付帯特典が充実!

(※年3000円(税抜)の「メンバーシップ・リワード・プラス」加入、ポイントをマイルに交換した場合。1マイル=1.5円換算)
関連記事
「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード」は付帯特典とステータスが抜群の“最強の法人カード”!経費管理や出張で役立つ充実のサービスを使い倒せ!
【アメリカン・エキスプレス・カードを一覧で比較】アメックスが発行する13枚のカードの年会費や特典、還元率を比較して、自分にピッタリの1枚を探そう!
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら