最新株式ニュース
2019年7月22日 フィスコ

FJネクスト---「ガーラ」ブランドによる資産運用型マンションを展開

<8935>  FJネクスト  -  -
FJネクスト<8935>は、東京都心を基盤とした資産運用型マンション「ガーラマンションシリーズ」、ファミリー向けマンション「ガーラ・レジデンスシリーズ」の開発及び販売を主力事業としている。また、販売した物件を中心に不動産管理事業も手掛けている。デザイン性や安全性、快適性など、居住者目線に立った企画・開発により高い入居率を確保していることが「ガーラ」ブランドの価値を高めており、首都圏ではトップの販売実績を誇る。将来の年金受給に対する不安や相続税対策という新たな課題を抱える個人からの購入需要も底堅く、同社の業績は順調に拡大している。
2019年3月期の業績は、売上高が前期比21.7%増の81,516百万円、営業利益が同39.4%増の10,093百万円と期初予想を上回る増収増益となり、過去最高業績を更新した。好調な外部環境を追い風として、「不動産開発事業」、「不動産管理事業」、「建設事業」がそれぞれ伸長。特に、マンション販売戸数の増加による「不動産開発事業」の拡大が増収に大きく寄与した。利益面でも、土地仕入価格や建築費が高止まりするなかで、増収効果により営業利益率も大幅に改善している。また、今後の業績の伸びに影響するたな卸資産についても、採算性を重視した用地仕入れを継続しながら、前期末比22.7%増の52,128百万円と順調に積み上げることができた。