最新株式ニュース
2019年7月22日 フィスコ

東宝---急落、期待作の上映開始による目先の出尽くし感も

<9602>  東宝  4365  -250
急落。京都アニメーション放火事件発生による今後の影響、ネットフリックスの有料契約者数の伸び鈍化などが引き続き懸念されるほか、先週末には「天気の子」上映がスタートしており、短期的な出尽くし感なども優勢となっているもよう。大ヒットを記録した「君の名は。」に続く新海誠監督作品として、事前の期待は高まっていたとみられる。