セクシー・ボリンジャーはお見通し!
【第11回】 2012年7月13日 ワタナベくん

大豆、トウモロコシが24年ぶりの大凶作!
商品市場の価格高騰が及ぼす影響とは?

穀物価格高騰で上がる株とは?

米国に熱波が襲来していて、トウモロコシや大豆の生産に甚大な被害が出ています。畑は干上がり、1988年以来24年ぶりの大凶作になる見込みとか。商品市場の価格はここ数週間で急騰しています。これは地球の裏側の遠い話ではなく、日本の経済にも、そして私たちの生活にも甚大な影響を及ぼします。

穀物価格高騰は地球の裏側の話じゃない

 普段、天気予報で関心があるのは、自分の住んでいる地域だけです。それ以外は、なんとなく全国の気温を見て「今日、全国でいちばん暑いのはどこかな」とぼんやり思ったりする程度。ましてや世界のお天気など気にもとめません。

 でもここ数日は、ネットで欠かさず米国の天気を見ます。というのも、中西部には記録的な熱波が襲来していて、穀倉地帯がとんでもないことになっているからです。最高気温図は米国全土がオレンジから真っ赤に燃えていて、事態の深刻さをうかがわせます。

 この地域で作られている穀物とえば、トウモロコシ大豆小麦です。特に大豆とトウモロコシの作柄が深刻らしく、米農務省は1988年以来24年ぶりの大凶作になるだろうと言っています。ちなみに24年前も「50年ぶりの大干ばつ」と言われていたので、まさに百年に三回の事態なのです。