最新株式ニュース
2012年7月31日 フィスコ

30日のNY市場は小幅に下落

[NYDow・NasDaq・CME(表)]
NYDOW;13073.01;-2.65
Nasdaq;2945.84;-12.25
CME225;8620;+10(大証比)

[NY市場データ]

 30日のNY市場は小幅に下落。ダウ平均は2.65ドル安の13073.01、ナスダックは
12.25ポイント安の2945.84で取引を終了した。朝方は小幅上昇して始まったものの、
先週末にかけて2日大幅続伸となっていたこともあり利益確定の売りが広がった。
FOMC(連邦公開市場委員会)やECB理事会が週半ばに予定されており、警戒感から手控
える向きも多く、上値の重い展開に。セクター別では、テクノロジー・ハード・機器
や食品・飲料・タバコが上昇する一方で、耐久消費財・アパレルや半導体・半導体・
半導体製造装置が軟調。シカゴ日経225先物清算値は、大証比10円高の8620円。ADRの
日本株はトヨタ<7203>、住友商<8053>、オリックス<8591>が小安い。半面、キヤノン
<7751>、三井住友<8316>、京セラ<6971>が堅調など、対東証比較(1ドル78.19円換
算)で高安まちまち。