最新株式ニュース
2012年8月7日 フィスコ

トーエル---ウォーター事業が大幅増、関東圏に留まらず国内外展開を視野

<3361>  トーエル  460  -5
トーエル<3361>は、LPガスの小売りおよび卸売り、ボトルウォーターの販売を手がけ
ている。
2012年4月期の決算は売上高が前期比11.0%の237.0億円、営業利益が同34.3%増の
15.9億円となった。原発事故による水道水への懸念等により、ウォーター部門が堅調
に推移。売上高前で期比51.8%増の60.8億円、営業利益は同116.1%増の14.4億円とな
った。また、主力のLPガス部門でもLPガス消費量が落ち込む中で販売トン数は前期比
0.3%増となった。

2013年4月期は売上高で前期比5.5%増の250.0億円、営業利益で同25.5%増の20.0億円
が見込まれている。LPガス事業においては引き続き積極的な新規顧客開拓、業務用顧
客開拓を中心に販売量の増加を図り、太陽光発電、燃料電池とLPガスの組み合わせた
提案などで需要を開拓する。また、ウォーター事業については「ハワイウォーター」
「アルピナ」の2ブランドに「ワンウェイ8リットル」を加えた3ブランドで関東圏
に留まらず国内外展開を視野に入れて業容の拡大を目指す。