最新株式ニュース
2012年8月17日 フィスコ

シャープやトヨタ自動車など

<%%%6753%%%>  シャープ  184  +9
朝方は売りが優勢。主要事業の売却を検討と報じられている。複写機や空調機器、L
ED照明などの事業が売却候補のようだ。こうした追加リストラ策を条件に、主力取
引銀行と金融支援に関する協議などを行っていくもよう。また、当面の資金繰りに万
全を期すため、数百億円規模のつなぎ融資を月内に実行とも伝わっている。プラス材
料ではあるものの、金融支援の条件の一つに鴻海の本体への出資なども含まれてお
り、安心感が強まる状況にはなりにくいようだ。前日にも主力工場の売却などリスト
ラ報道が伝わり、株価上昇につながっていたため、本日は短期資金の利食い売りなど
も先行。ただ、後場中頃からは急速に切り返す展開に。鴻海が出資比率を9.9%から
20%程度に引き上げるよう求めていることがわかったと伝わる。同社では出資比率の
引き上げに難色を示してきたが、金融機関では支援の条件として資本提携の成立を求
めているため、同社も条件変更による出資を受け入れる可能性が出てきたとの見方に
つながる。不透明感が強まっていた鴻海からの本体出資に進展との期待が優勢に。
<%%%7203%%%>  トヨタ自動車  3275  +25
相対的に上値重い。為替の円安など外部環境が改善する中、7月6日の戻り高値水準で
足踏み状態となっている。メリルリンチ(ML)では、大手自動車3社の選好順位とし
て、日産<%%%7201%%%>、ホンダ<%%%7267%%%>、同社としているようだ。第1四半期業績の明暗は下
半期に逆転すると想定しているもよう。会社自体、出来すぎの収益性を維持すること
は容易でないと強調しており、一段と強気に向かっている市場コンセンサスにはやや
警戒が必要とも。

<%%%6501%%%>  日立製作所  478  +9
しっかり。ブラジル政府が大型の景気対策を発表、鉄道・道路に5年間で3兆円を投資
する計画と伝わっている。同社では、ブラジルの連結売上高を2015年度に11年度比4
倍の1200億円に引き上げる中期目標を発表するなど、同地域での積極展開を図ってい
る。インフラ投資の拡大によるメリットを享受できるとの期待感が高まる状況にも。

<%%%7272%%%>  ヤマハ発動機  760  +48
買い優勢。クレディ・スイス(CS)では、投資判断を「ニュートラル」から「アウト
パフォーム」に格上げ、目標株価も770円から960円に引き上げている。業績下方修正
で今年度の悪材料は出尽し、今後はインドネシア二輪出荷の底打ち確認、次期3ヶ年
計画の発表、来期の業績V字回復の確認などで、評価が改善していくと見ているもよ
う。アナリストの売り推奨が相対的に多い銘柄であり、買い推奨への格上げの動きに
はインパクトが強まりやすいもよう。

<%%%6952%%%>  カシオ計算機  583  +20
しっかり。三菱UFJでは投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」
に、目標株価を566円から720円に引き上げている。デジカメ事業の損益改善、時計事
業における収益性の高いブランド比率の拡大、電子辞書の底堅い需要の継続などを背
景に業績予想を上方修正、今期営業利益は従来の180億円から210億円に引き上げてい
る。

<%%%5423%%%>  東京製鐵  296  +14
続伸。鉄スクラップの購入価格を4ヶ月ぶりに引き上げると報じられている。足元で
は、米国で上昇傾向が強まっていたため、アジア市場への波及なども想定されつつは
あった。原材料価格上昇は直接的にマージンの悪化につながるものの、むしろ、原材
料価格上昇が製品価格の値上げにもつながるとの見方が先行する形に。最近では、米
国のスクラップ価格上昇を背景に、鉄鋼株に対する強気の見方も増えていた。

<%%%2450%%%>  一休  36300  +2600
大幅高で上昇率上位。来期経常利益は6期ぶりに過去最高益を更新する見通しとの観
測報道が伝わっている。旅館予約の好調や新規事業のレストラン予約の成長などで、
同社社長では15億円超になるとの見込みを示しているようだ。過去最高益は08.3期の
14億円となっている。当面の業績動向に対する安心感が強まる形へ。

<%%%7248%%%>  カルソニックカンセイ  399  +17
しっかり。シティでは目標株価570円で、投資判断「1」を継続している。今期は四
半期ごとに営業利益の改善が見込まれ、通期でも過去最高益の更新が見込まれるとし
ているほか、中期計画に沿って営業利益率の向上が期待できるとしている。また、今
後は新製品の投入本格化、非日産向けの拡販なども期待材料と。なお、本日は為替円
安などを背景に、自動車部品株の一角で強い動きも目立つ。

<%%%4021%%%>  日産化学工業  933  +19
続伸で年初来高値を更新。好決算発表以降、上昇ピッチの早まる展開が続いている。
本日は、みずほが投資判断「買い」継続で、目標株価を930円から1050円に引き上げ
ている。液晶用配向膜や半導体反射防止コーティング材など機能性材料が好調、農業
化学品や医薬品の出荷も増加しているようだ。みずほでは、バランスの取れた事業ポ
ートフォリオに着目としており、セクター内における高い収益率やROEを再評価す
る時期と指摘。

<%%%2914%%%>  JT  2480  -94
反落。豪州たばこ箱規制に関して、同地での販売量は少なく、直接的な影響は限定的
との見方から、昨日は過度な警戒感が後退する展開となった。ただ、イギリスやニュ
ージーランドなどでも、包装に会社のロゴを表示することが禁じられる可能性は高い
との見方が強まっているとも伝わり、本日は改めて影響懸念が再燃する格好に。イギ
リスなどに広がった場合は影響も避けられないとの見方に。