最新株式ニュース
2012年8月20日 フィスコ

アミューズ---第1四半期は好調な滑り出し、通期は実質的な増配を見込む

<4301>  アミューズ  1107  -8
アミューズ<4301>は、「アーティストマネージメント事業」「メディアビジュアル事
業」「コンテンツ事業」の3事業を展開する総合エンターテインメント企業。アーテ
ィストが創作する楽曲、音楽著作権、肖像権、テレビ放映権などの「コンテンツ」を
より多く保有・有効活用することで、事業展開の拡大を図っている。
8月14日に発表された2013年3月期の第1四半期決算は、舞台公演を多数実施したこ
と、映像・音楽DVD販売が好調に推移したことから、売上高が前年同期比9.7%増の
1.38億円、営業利益が同38.0%増の14.45億円と増収増益となった。主力事業のアー
ティストマネージメント事業が好調で、セグメント利益が前年同期比42.4%増の
15.44億円と収益を押し上げている。

通期業績は7月30日に半期・通期の業績予想を上方修正しており、売上高が前期比
11.3%減の282.00億円、営業利益が同11.6%減の31.50億円となる見通し。減収減益
の形ではあるが、今期の配当は1株当たり30円を予定しており、前期の35円(15円は
記念配当)に対し実質的な増配となる。