最新株式ニュース
2012年8月21日 フィスコ

クニミネ工---ベントナイトで業界トップ、東南アジアなど海外展開に注力

<%%%5388%%%>  クニミネ工  -  -
クニミネ工業<%%%5388%%%>は、ベントナイト(水を吸うと自らの体積の10倍以上に膨張し、
多量の水と混合すると強力な粘性を発揮するが、長時間おいても沈殿せず、無機物で
公害の心配ない粘土)の専用メーカーで業界トップ。高品位の原鉱石を産出する鉱山
を自社で所有し、原料から製品までの一貫生産体制を確立している。その他、アグリ
(農薬)事業、化成品事業なども手がける。
7月31日に発表されている2013年3月期の第1四半期(4-6月期)決算は、売上高が前年
同期比5.7%増の25.08億円、営業利益は同9.4%減の2.05億円となっている。採算性
の高いアグリ事業や化成品事業において、震災の影響による繰越需要がなくなったこ
とが主因。

通期業績は、主な納品先である自動車業界においてエコカー補助金の終了に伴う反動
減が予想されることで、売上高で前期比1.5%減の111.09億円、営業利益で同18.3%
減の10.17億円が見込まれる。

今後においてはいわき工場のラインを増強するとともに、東南アジアに進出する日系
企業に対してビジネス拡大を狙う。中期経営計画においては、2012年を「事業基盤の
強化」、2013年を「事業の拡充」、2014年を「育成と収穫」と位置づけ、積極的な海
外展開と新規事業創造に向けた研究開発へ注力する。