株式レポート
2012年8月28日 マネックス証券

最高益でのスタートを切った過去最高益更新銘柄は - 金山敏之「投資のヒント」

今月中旬に終了した3月期決算期企業の第1四半期決算発表では、多くの企業が通期予想を据え置いたものの、第1四半期(4-6月期)の経常利益は7%の増益に止まり、製造業に限ってみると通期予想に対する第1四半期の進捗率は18%台と出遅れ気味となりました。こうしたなか16日と17日のこのコーナーでは進捗率に注目し「順調なスタートを切った最高益更新銘柄」や「まずまずのスタートを切った最高益更新銘柄」を取り上げました。

今回は少し視点を変えて最高益更新を見込む企業のなかから、第1四半期決算の経常利益が過去最高となった銘柄をリストアップしてみました。通期予想に対する進捗率は25%に届かないものも少なからずみられますが、最高益でのスタートという点からすれば申し分のない出だしだといえます。そして取り上げた銘柄のなかには、もしもしホットライン(4708)やシスメックス(6869)のようにここにきて高値を付けるものも幾つかみられます。