クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2020年7月25日 ポイ探ニュース

「三井住友カード プラチナ」は“実質”還元率1%の高還
元プラチナカード! 通常還元率0.5%+半年で50万円
以上を利用すると「0.5%」分のギフトカードが上乗せ!

【もっともお得なクレジットカードを2人の専門家がジャンル別に紹介!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!


三井住友カード プラチナ

 「三井住友カード プラチナ」には、6カ月間の支払金額の合計が50万円以上だと、支払額の0.5%分の「VJAギフトカード」がプレゼントされるサービスがある。

 たとえば、6カ月間で50万円を利用したら、2000円分の「VJAギフトカード」がプレゼントされる。ただし、上限は3万円分までなので、6カ月間で600万円以上を利用しても、もらえる「VJAギフトカード」は3万円分となる。

 支払金額の集計期間は、毎月10日を支払日に設定している場合は「4月10日~9月10日分」か「10月10日~3月10日分」の6カ月間で、毎月26日を支払日に設定している場合は「4月26日~9月26日」か「10月26日~3月26日」の6カ月間となる。

 また、4~9月の集計の場合は11月下旬、10~3月の集計の場合は5月下旬に「VJAギフトカード」が届く。筆者は、東京五輪のチケット購入時に「三井住友カード プラチナ」を利用したので、先日、このときの利用分の0.5%分の「VJAギフトカード」が送られてきた。

 筆者が6カ月で利用した金額は261万5317円。この0.5%分となると、1万3076円分の「VJAギフトカード」がもらえることになるが、送られてきたのは1000円分のギフトカードが13枚(=1万3000円分)。算出金額の1000円未満は切り捨てられるので、76円分が切り捨てられたようだ。

VJAギフトカード

 「三井住友カード プラチナ」の還元率は0.5%ほどだが、6カ月間で50万円以上を利用した場合は、別途で0.5%分の「VJAギフトカード」がもらえるので、還元率は約1%と言える。

 「三井住友カード プラチナ」は税金の支払いにも利用できるので、利用額が上がりやすい。支払いが高額になる人の場合、「三井住友カード プラチナ」は高還元のクレジットカードと言えるだろう。
【※税金の支払いには「nanaco」を利用するのもおすすめ!】
nanacoチャージでポイントが貯まる、おすすめのクレジットカードは「セブンカード・プラス」

 以上、今回は「三井住友カード プラチナ」の利用でプレゼントされる「VJAギフトカード」について解説した。
【もっともお得なクレジットカードを2人の専門家がジャンル別に紹介!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!