チャートで探せ!上がる株
【第16回】 2012年9月7日 ザイ・オンライン編集部

投資チャンスは「新値情報」で探せ!
良品計画(7453)がいま来ているんです!

三角保ち合いの上放れ・下放れを効果的に見つける方法教えます!

お、愚かモノが珍しくネットで株価チャートを熱心に見ているぞ。いろいろな銘柄を片っ端から見ているようだが、何をしているのかな? 「ダメじゃーん、これじゃあ時間がいくらあっても足りないぞー」。どうやら儲かりそうな銘柄を探しているようだけど、うまくいかないみたい。せっかく、株価フォーメーションでチャンスになりそうな銘柄の見つけ方を教えてもらったのにねえ。「だから~、それがうまく見つかんないんだってばぁ~」。というわけで、今回はフォーメーション分析のチャンス銘柄の効果的な見つけ方を探ってみます。

登場人物

福永博之さん

テクニカル分析の第一人者。どんな愚かモノにもいつも笑顔でわかりやすく教えてくれる超人格者。さまざまな投資情報を提供するサイト「アイトラスト」を運営するインベストラスト代表取締役でもある。『めちゃくちゃ売れてるマネー誌 ZAiが作った「株」チャートらくらく航海術』『FX一目均衡表ベーシックマスターブック』(弊社刊)など著作多数。今回、右端が空白のチャートが出てくるが、これはインベストラストが提供するアイチャート独自の機能。トレンドラインやフォーメーションで今後の株価を予測する際に便利なんだわ、これ。

ハラダ

チャートの(チャートも)愚かモノ。株やFXなど投資関連の編集に携わって10数年だが、地道な作業は大の苦手。だから、チャートを見てチャンスになりそうな銘柄を探し出すなんて作業は、数分もすれば放り出す。「面倒なんだよねー。もっとさあ、無駄を省きたいのよ。儲かる株がもっとサクサクわかる方法ないかなあ」。お前さんの存在自体が無駄って感じがするのだが。

三角保ち合いに致命的な欠点が発覚?

 (ブツブツと)ん!? ってことは……。おーっ、やっぱ、オレって頭いいじゃんっ! 

 何をブツブツ独り言を言っているんですか? あなたが頭がいいのなら、あそこで寝ている犬なんかノーベル賞とれちゃうかも。

 センセイ、それって、さすがにヒドくね? おっと、それはともかく、オレは気づいちゃったんだよ。三角保ち合いの致命的な弱点にっ!

 (生暖かいまなざしで見つめつつ)ほほう、いったい、どんな弱点なんでしょうか? 興味深いですね。

 三角保ち合いを上放れると買いのチャンスだし、下放れると空売りのチャンスだってことはわかったけど、そういう状態になっている銘柄って、どーやって見つけるっていうのさ? やみくもにチャートをチェックしまくるってか? おいおい、株式市場には何千もの銘柄が上昇しているんだぜ。んなの、チョー面倒くせ~! オレ、ヤダもんね。

 愚かモノとはわかっていたとはいえ、さすがにがっくりきますね。致命的な弱点って、そんなことだったのですね。やれやれ……。

 だって、いくらチャンスだからといっても、カンタンに探せないんだったら意味ないじゃ~ん!

 いえいえ、あなたが知らないだけで、三角保ち合いを上放れる銘柄とか下放れる銘柄なんて実にカンタンに探せるんですよ。

 げっ、マジかよ~! だったら、最初から教えてくださいよーん、ゴロゴロ。うーん、イケズ~。