最新株式ニュース
2012年9月19日 フィスコ

太平洋発---新中期経営計画を策定、新たな分野での事業確立に注力

<%%%8835%%%>  太平洋発  72  0
太平洋興発<%%%8835%%%>は、輸入炭販売を行う商事事業を主力に、パシフィック・マンショ
ン・シリーズの開発・管理などを行う不動産事業、有料老人ホームのシルバーシティ・
シリーズを運営するシルバー事業、その他事業を手がける。
8月10日に発表した2013年3月期の第1四半期(4-6月期)決算は、商事事業において輸入
炭販売単価が下落したことや利益率が低下した影響で、売上高が前年同期比8.7%減の
60.21億円、営業利益が同32.7%減の1.54億円となった。商事事業以外のセグメントで
は全て前年同期比で増益を達成している。なお通期業績に関しては原材料や原油価格の
上昇などが懸念されるものの各事業において適切な選択と集中を行う方針で、売上高が
前期比3.0%減の310.00億円、営業利益が同2.4%増の8.00億円を見込んでいる。

同社は今2013年3月期を初年度とする新中期経営計画を策定しており、生活サービスと
エネルギーサービスに加え、新事業分野での新たな事業を新計画期間中に確立すること
を目指す。最終年度となる2015年3月期の目標値は、売上高375.9億円、営業利益12.3億
円。