配当【増配・減配】最新ニュース!
2020年10月10日 ザイ・オンライン編集部

ジンズホールディングス(3046)、「増配」を発表して、
配当額は7年で5.7倍に増加! 2021年8月期は前期比
32円増の「1株あたり57円」、配当利回り0.73%に!

 眼鏡チェーン店「JINS」を展開するジンズホールディングスは、2021年8月期の配当を前期比で「増配」とする予想を、2020年10月9日の16時に発表した。これにより、ジンズホールディングス配当利回り(予想)は0.73%となった

ジンズホールディングスは、眼鏡チェーン店「JINS」の運営を手掛ける持株会社。ジンズホールディングスは、眼鏡チェーン店「JINS」の運営を手掛ける持株会社。
拡大画像表示

 ジンズホールディングスが発表した2020年8月期の決算短信によると、2021年8月期の予想配当は中間配当(2月)が「17円」、期末配当(8月)が「40円」、合計の年間配当額は「1株あたり57円」となっている。

 ジンズホールディングスの2020年8月期の配当は「1株あたり25円」だったので、前期比で「32円」の増配となる。今回の増配発表によって、ジンズホールディングスの配当利回り(予想)は0.73%となった
【※関連記事はこちら!】
「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 ジンズホールディングスは今回、配当予想とともに業績予想も発表しており、2021年8月期は前期比で「増収増益」の予想となっている。ジンズホールディングスは「連結配当性向30%を目処」としていることから、2021年8月期の業績予想を受けて「増配」が決まった形だ。

 なお、ジンズホールディングスはこれまで、期末配当による年1回の配当を基本方針としていたが、「利益還元の機会を充実させるため」に、配当を年2回(中間・期末)実施する方針に変更し、2021年8月期より中間配当を実施することとしている。

 ちなみに、2021年8月期の配当予想や業績予想などが発表されたことを受けて、ジンズホールディングスの株価はSBI証券の夜間取引(PTS取引)で一時、発表当日(2020年10月9日)の終値7790円より260円高い8050円(+3.34%)を記録しており、来週の株式市場でも注目を集めることになりそうだ。
【※関連記事はこちら!】
夜間取引(PTS取引)ができる証券会社を紹介! 株式市場が閉まった夕方や夜でもトレード可能なネット証券の「取引時間」や「売買手数料」を比較!

ジンズホールディングスの過去10期の配当の推移は?

■ジンズホールディングス(3046)の過去16期の配当の推移
年間配当額   年間配当額
2012/8 10円 2017/8 36円
2013/8 40円 2018/8 48円
2014/8 10円 2019/8 50円
2015/8 16円 2020/8 25円
2016/8 25円 2021/8 57円
(予想)

 ジンズホールディングスは2015年8月期以降、連続増配を継続していたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により業績が悪化した2020年8月期には「減配」としたため、連続増配は”5期”で途切れてしまった。しかし、2021年8月期の配当予想は「1株あたり57円」なので、「増配」かつ「過去最高の年間配当額」となる見通しだ
【※関連記事はこちら!】
「連続増配株ランキング」ベスト20![2020年最新版]30期連続増配の「花王」、18期連続増配で利回り4.5%と高水準の「KDDI」など、おすすめの増配銘柄を紹介!

 また、ジンズホールディングスの配当額の伸び具合も確認しておこう。直近の連続増配が始まる直前の2014年8月期から2021年8月期までの7年間で、ジンズホールディングスの年間配当額は「1株あたり10円」から「1株あたり57円」まで、5.7倍に増加している。2021年8月期以降、増配傾向が継続できるのか注目だ。
【※関連記事はこちら!】
「配当利回りが高い株」に投資するより重要なのは、「増配傾向にある株」を選んで投資をし続けること! 実現間近の「配当でモトを取る」途中経過も大公開!

 配当が増えているということは業績が好調な証拠でもある。実際に、ジンズホールディングスの株価は2014年8月の終値3005円から2020年9月に記録した年初来高値8520円まで、2.8倍に上昇している。なお、本日(2020年10月9日)の終値は7790円なので、現在は2014年8月の終値から2.5倍に上昇した水準で推移している。

■ジンズホールディングス(3046)の株価チャート/月足・東証1部上場~本日(2020年10月9日)

ジンズホールディングスの配当利回り、配当+株主優待利回りは?

 ジンズホールディングスの2020年10月9日時点の株価(終値)は7790円なので、配当利回り(予想)は以下のようになる。

【※ジンズホールディングスの配当利回り】
株価:7790円
年間配当額:中間17円+期末40円=57円
配当利回り:57円÷7790円×100=0.73%

 ジンズホールディングスの配当利回りは0.73%。2020年9月の東証1部の平均利回りは2.03%(配当実施企業のみ)なので、ジンズホールディングスの配当利回りは「低め」と言える。
【※関連記事はこちら!】
「配当利回りランキング」高配当ベスト50銘柄を公開!【2020年最新版】会社予想の配当利回りランキングと一緒に、株主優待の有無や連続増配期間もチェック!

 また、ジンズホールディングスは1単元(100株)以上の株式保有で、日本国内のジンズグループ直営ショップやJINSオンラインショップで利用できる「株主様ご優待券」がもらえる株主優待を実施している。

 ■ジンズホールディングス(3046)の株主優待の内容
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 8月末  100株以上  株主様ご優待券5000円分

 ジンズホールディングスの2020年10月9日時点の株価(終値)は7790円、配当利回りは0.73%なので「配当+株主優待利回り」を計算すると、以下のようになる。

【※ジンズホールディングスの配当+株主優待利回り(100株保有時)】
投資金額:100株×7790円=77万9000円
優待品(株主様ご優待券):5000円分
株主優待利回り:5000円÷77万9000円×100=0.64%
配当+株主優待利回り:0.73%+0.64%=1.37%

 ジンズホールディングスの「配当+株主優待利回り」は100株保有時で1.37%。決して高い利回りではないものの、日ごろから「JINS」を利用する人であれば使い勝手がいい株主優待と言えるだろう。
【※関連記事はこちら!】
【2020年10月】QUOカード優待利回りランキング! 配当+優待利回り3.1%の学情、2.8%の萩原工業など、10月確定の「QUOカード優待」の利回り&内容を紹介!

ジンズホールディングスは、眼鏡チェーン店「JINS」の運営を手掛ける持株会社。日本国内だけでなく中国やアメリカなどにも出店しており、グローバル展開を積極的に進めている。2021年8月期(通期)の連結業績予想は、売上高19.2%増、営業利益47.8%増、経常利益33.0%増、親会社株主に帰属する当期純利益160.7%増と好調(すべて前期比)。
【※関連記事はこちら!】
配当が減らない“隠れ増配株”ランキング上位20銘柄を紹介! 減配をせずに、配当を維持・増配し続けている「非減配」期間が長い優良な安定配当株ランキング!

ジンズホールディングス
業種 コード 市場 年間配当額(予想)
小売業 3046 東証1部 57円
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り(予想)
7790円 100株 77万9000円 0.73%
【※ジンズホールディングスの最新の株価・配当利回りはこちら!】
最新の株価。株主優待内容はこちら!
※株価などのデータは2020年10月9日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。