最新株式ニュース
2012年10月2日 フィスコ

ソフトバンクや商船三井など

<9984>  ソフトバンク  3195  +90
反発。昨日はイー・アクセス<%%%9427%%%>の買収報道が伝わった後、買収資金が割高との見
方から負担増が警戒される展開となったが、本日は一転して評価の動きが強まる形に
なっている。アナリストの評価は揃ってポジティブ、相対的に劣後していると見られ
ていた保有周波数問題の解消につながることを高評価、プレミアムは許容できるとの
見方になっている。買収に伴う株式価値の希薄化も5%強の水準であり影響は限定的
と。
<9104>  商船三井  187  +8
出来高2位で反発。前日に上半期の業績下方修正を発表している。営業損益は従来予
想の10億円の黒字から35億円の赤字に、最終損益は20億円の赤字から135億円の赤字
に減額修正へ。海運市況の低迷や燃料油価格の上昇などに加えて、投資有価証券評価
損も約74億円計上と。コンセンサスを下回る水準までの下方修正とはみられるが、先
週末には日本郵船<9101>が下方修正を行っており、短期的な出尽くし感とも捉えられ
る状況のようだ。海運大手3社が出来高上位を占めている。

<6770>  アルプス電気  352  -50
急落で下落率トップ。前日に発表した業績下方修正がネガティブ材料に。上半期営業
利益は従来予想の75億円から28億円に、通期では220億円から118億円に下方修正。民
生市場向けの伸び悩みや為替の円高が響く格好のようだ。また、年間配当金も従来計
画の20円から10円に引き下げへ。業績下振れは想定線だが、下方修正幅は想定以上と
捉えられる。電子部品の下振れが大きいが、車載情報機器の下振れなど想定外に大き
かったとの見方にも。

<9983>  ファーストリテ  17530  -260
売り先行。本日2日、9月の月次動向の発表を予定している。ここまで、衣料品各社の
9月月次動向は冴えないものが多くなっており、同社に対しても警戒感が先行する状
況とみられる。ちなみに、8月の既存店売上高は前年同月比2.0%増、5ヵ月ぶりのプ
ラスに転じていた。なお、市場予想では5%程度の減収が見込まれているもよう。

<7752>  リコー  706  +31
しっかり。SMBC日興証券では投資判断「1」を継続で、目標株価を880円から910
円に引き上げている。構造改革は順調で、足元の業績は会社計画線で推移していると
の指摘、通期営業利益は730億円と会社計画を上回る予想を継続している。また、第2
四半期の決算発表時には、下期の増配発表を行う可能性も高いと考えているようだ。
更なる配当利回りの上昇などに対する期待感が先行へ。

<3659>  ネクソン  1099  +62
大幅高。交流ゲーム開発のグループスを買収したと発表、スマホなど携帯向けゲーム
市場の開拓につながる狙い。買収額は365億円とされている。ゴールドマン・サック
ス(GS)では買収をポジティブと考え、目標株価を1350円から1450円に引き上げてい
る。グローバル体制を活かしたグループスのソーシャルゲーム事業の海外展開加速、
グループスのモバイルのノウハウを活用したPCゲーム事業のクロスデバイス展開な
ど、シナジー効果が大きいと判断しているもよう。

<6997>  日本ケミコン  113  -12
下げが目立つ。前日に業績予想の下方修正、並びに、構造改革の実施を発表してい
る。生産拠点の統廃合や人員削減などにより、来年度は80億円の効果を見込むとして
いる。一方、今期の営業損益は15億円の黒字から68億円の赤字に下方修正、アルミ電
解コンデンサの受注回復の遅れなどが響く状況に。未定としていた今期配当金も無配
としている。第1四半期営業利益も30億円から15億円に下方修正していたが、今回の
修正幅の大きさを警戒視する動きが優勢になっている。

<3156>  UKCHD  1475  +102
大幅高で上昇率上位。業績予想の大幅上方修正を背景に、足元で水準訂正の動きをみ
せているが、本日は一段と上昇ピッチを広げ、一時は2009年10月以来の1500円台を回
復している。同社はソニー製品を中心に扱う電子部品商社であり、ジャパンディスプ
レイの有機ELパネル量産報道などが期待材料にもつながっているものとみられる。

<4114>  日本触媒  778  +21
反発。姫路製造所での爆発事故発生を受けて昨日は急落となったが、本日は買い戻し
の動きが先行する展開になっている。バークレイズでは、投資判断「オーバーウエイ
ト」、目標株価1400円を継続している。事故の原因プラントではない高吸水性樹脂の
製造ラインが、長期に亘り操業を停止する可能性は限定的と考えているもよう。アク
リル酸の外部調達によって、高吸水性樹脂などの生産は早期に再開する可能性が高い
との判断。

<6773>  パイオニア  175  -13
さえない。前日にはアルパイン<6816>が業績予想を下方修正、現在のところ下落率上
位となっており、同じカーエレ関連として警戒感が波及する格好になっている。前日
には野村が決算プレビュー、7-9月の業績推移には慎重な見方が必要とも指摘してい
る。なお、本日はクラリオン<6796>なども下落率の上位にランクインしている。