最新株式ニュース
2012年10月5日 フィスコ

アクトコール---3Qは順調な進捗、資金借入れでさらなる事業拡大を図る

<%%%6064%%%>  アクトコール  2083  -118
アクトコール<%%%6064%%%>は、賃貸住宅利用者向けに住まいに係わるトラブルを解決する、
会員制の緊急駆けつけサービスを提供している。8月末現在で会員数は342千人、民間
賃貸市場でのシェアは2.5%の水準で、今後の成長余地は大きい。コールセンター事業
やテナント出店代行事業などの周辺ビジネスも直近1年間で相次いで立ち上がる。
10月5日に発表した2012年11月期の第3四半期(2011年11月-2012年8月期累計)決算
は、売上高が13.08億円、経常利益が2.39億円となった。主力の「会員制事業」は提
携不動産会社数が順調に推移したものの、当四半期が同社の市場とする不動産賃貸業
界の閑散期に当たるため新規獲得会員数が伸び悩んでいる。今期の第1四半期から連
結財務諸表を作成しているため前年同期との比較はないが、通期予想に対する進捗率
は売上高が76.7%、経常利益が79.4%と順調に推移している。

今通期業績は、売上高が前期比120.5%増の17.06億円、経常利益が同224.5%増の
3.01億円と大幅な増益を見込む。同社では今後の戦略として、「中小零細企業」「自
主管理家主」に向けたサービス展開、「借家」市場での売上拡大に加えて「持家」市
場への進出も目指していく方針。

また同日、9月27日に行った2億円の借入れを発表しており、サービス拡販のための基
盤構築に充当するとしている。資本および業務提携の積極的展開も見込まれる。