最新株式ニュース
2012年10月11日 フィスコ

東海理化やシャープなど

<6995>  東海理化  905  -96
急落で年初来安値更新。トヨタ<7203>が世界で743万台、過去最大のリコールを実施
と発表している。パワーウインドーのスイッチに不具合があるとしている。正式発表
はないものの、トヨタ向けの同製品で高シェアを占めている同社がサプライヤーとみ
られているもようであり、警戒感が先行する格好のようだ。シティでは、過去の類似
ケースを考慮した場合、第2四半期決算時に200億円前後の特損計上の可能性と試算し
ているようだ。
<6753>  シャープ  146  -7
年初来安値を更新。昨日はアップル向け液晶パネルの増産報道が伝わり、自律反発の
動きとなっていたが、本日は一転して戻り売りが優勢の展開に。ここにきて、アナリ
ストの評価引き下げの動きが目立っているが、本日はドイツ証券が投資判断「セル」
継続で、目標株価を110円から97円にまで引き下げている。割高なバリュエーション
と更なる株主資本毀損リスクが高いとの見方。業績予想も修正しており、15.3期のE
PS(1株利益)は従来の1円から-20円に変更している。

<7513>  コジマ  215  +20
急伸で上昇率2位。前日に決算を発表、今期の業績見通しが好感される展開のよう
だ。前期は5ヶ月の変則決算だが、営業損益は30.2億円の赤字となった。地デジ移行
後の反動減や価格競争の激化などが業績低迷の背景に。一方、今期は43.1億円の黒字
転換予想。四季報予想28億円の水準などを大きく上回っており、ビックカメラ<3048>
との提携効果の早期表面化などが想定される状況となっている。

<6954>  ファナック  12120  -330
売り先行。ドイツ証券では投資判断を新規に「セル」、目標株価を10600円としてい
る。足元のマクロ環境の低迷からFA事業を中心に業績の不透明感が強まっており、
過度な楽観視は難しく、株価の割高感も否めないと。また、本日の寄り付き前に発表
された機械受注が、市場予想を僅かに下回ったこともマイナス材料に。

<4063>  信越化学工業  4375  +60
買い優勢。野村では投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に格上げしている。目
標株価は4600円から5300円に引き上げへ。足元の米国経済指標から、米住宅販売の好
調持続の確度が高まったと判断、北米向けの塩ビ需要は来期に向けて想定以上に拡大
していくと判断しているもよう。また、半導体シリコンのウェイトは低下しているた
め、半導体需要と株価との連動性は薄れてきているとも。

<4114>  日本触媒  781  +29
大幅反発。一部報道では、爆発事故を起こした姫路製造所において、アクリル酸の7
割相当の生産設備は影響が軽微な見込みと伝わっている。停止命令が解除されれば、
比較的早期に生産が再開できる見込みと。もともと、SAP製造設備の影響は軽微と
されており、徐々に過度な警戒感も後退する状況のようだ。

<6205>  OKK  88  +2
買い先行。前日に9月の工作機械受注が発表されている。日本工作機械工業会発表の9
月受注は前年同月比3%減、想定以上に底堅い推移となっている。大手各社の個別受
注も発表されているが、同社は同13.7%増と主要8社の中では最も高い伸び率となっ
ている。短期資金中心に、買い手掛かり材料につながっているもようだ。

<2918>  わらべや日洋  1560  +75
大幅続伸。上半期の決算発表後は上値追いの動きが続く格好となっている。4日に発
表した上半期営業利益は前年同期比7.3%増益の29.4億円、3-5月期は同6%減益だっ
たものの、6-8月期は同21%増益に転じている。やや未達懸念もあった従来の通期予
想も上方修正する形となっており、足元における収益の大幅な改善を評価する動きが
強まっている。

<4676>  フジ・メディアHD  111600  -3300
売り優勢。モルガンでは投資判断を「オーバーウェイト」から「イコールウェイト」
に格下げ、目標株価も17万円から14万円に引き下げている。8月以降、広告需要が急
速に冷え込んでおり、各社の下半期放送収入前提を引き下げているようだ。とりわ
け、同社に関しては、会社前提比で未達幅が最も大きく、通販事業も苦戦気味である
としている。

<2651>  ローソン  5670  -160
反落。コンビニ業界には足元で陰りも見られ始めたとの報道が弱材料視される形で、
利益確定の動きが強まってきているもよう。本日は売り込まれた銘柄の一角でリバウ
ンドが見られるなど、リターンリバーサルの流れも逆風となっている。なお、昨日、
9月の月次動向を発表、既存店売上高は前年同月比1.5%減となり、4ヶ月連続でのマ
イナス基調に。