最新株式ニュース
2012年10月16日 フィスコ

ソフトバンクやKLabなど

<9984>  ソフトバンク  2485  +217
大幅反発で上昇率上位。米スプリント社の買収を正式に発表、買収額は201億ドル、
来年半ばまでに7割の株式を取得する計画。今回は、Metro PCSやクリアワイヤの買収
については未発表となっている。買収策に対する見方には依然として強弱感が対立し
ているが、2営業日で一時24%の下落など、足元での株価は下げ過ぎとの見解は多い
もよう。正式発表を機に買い戻しの動きなども強まっているようだ。なお、クレデ
ィ・スイス(CS)では、歴史的な業界再編劇は歴史的な投資機会になったとの評価、
投資判断「アウトパフォーム」を継続している。
<3656>  KLab  586  -21
急落で下落率上位。昨日決算を発表、前8月期実績はほぼ従来計画線での着地となっ
ているが、6-8月期の収益水準は大きく低下する格好に。また、今期営業利益は50億
円と実質大幅増益の見通しを示しているが、決算期変更で16ヶ月決算のため、四季報
予想45億円との比較ではインパクトが乏しい状況に。また、現状で今期配当計画を無
配としていることもマイナス視か。

<6460>  セガサミーHD  1481  +100
大幅高。前日に上半期の業績修正を発表、営業利益は従来予想の25億円から60億円に
増額修正、最終利益は35億円から20億円に減額修正へ。遊戯機器事業における利益率
の向上、オンラインRPGの課金収入上振れなどが営業利益増額につながる。一方、
税金費用の増加が最終利益下振れの背景に。上方修正値もコンセンサスは下回る水準
と捉えられるが、パチスロ「攻殻機動隊」の投入決定が発表されたことなどで、下半
期以降の安心感が先行する展開になっているようだ。

<5938>  LIXILグループ  1728  +54
大幅反発。前日に上半期業績予想の修正を発表している。営業利益は100億円から135
億円に上方修正だが、最終損益は60億円の黒字から110億円の赤字に下方修正へ。コ
ストダウンや経費の削減効果が奏効した一方、希望退職者募集に伴う特損の発生が最
終益下振れの背景に。ただ、特損の発生は発表済みであり、本業ベースの上振れを素
直に好感する動きとなっている。シティでは、費用削減の進展は想定以上であるとの
評価。

<2503> キリンHD  1009  -25
さえない。前日に中期計画を発表している。数値目標として、2015年に売上高2兆
3000億円以上、営業利益1800億円以上を目指すとしている。09年に公表した長期経営
構想での15年度売上高目標3兆円は下方修正される格好に。売上拡大は主に海外事業
を想定しているほか、財務戦略では株主還元を強化する戦略のようだ。数値目標のイ
ンパクトは乏しいほか、成長戦略などへの懸念は残るといった見方に。

<4208>  宇部興産  176  +8
買い優勢。前日に業績予想の下方修正を発表、営業利益は上半期が180億円から160億
円に、通期では470億円から360億円に下方修正している。カプロラクタム市況の低迷
によるスプレッドの悪化、機能品・ファインセグメントの需要低迷などが業績下振れ
の背景に。ただ、通期のアナリストコンセンサスは400億円を下回る水準など、下方
修正値並みまでの業績下振れは想定線、短期的な悪材料出尽し感が先行する展開のよ
うだ。今後の決算発表本格化を控える中、むしろ目先的には安心感も強まる方向へ。

<6723>  ルネサスエレクトロニクス  287  -15
大幅反落。前日は官民の日本連合が2000億円出資と伝わり急騰したが、本日は短期資
金の利食いなどを中心に売り優勢の展開となっている。方向性は定まっていたと見ら
れ、サプライズは限定的な印象。今後は増資による希薄化の度合いなど見極めたいと
の流れにも。なお、JPモルガン(JPM)では、顧客企業からの出資がリストラ遅延
につながるとの懸念は不要と指摘しているようだ。

<7309>  シマノ  5200  -190
さえない。大和では投資判断を「2」から「3」に格下げ、弱材料視される展開にな
っている。大和では、アジア向け前倒し受注の反動減を要因に、第4四半期のモメン
タムは鈍化する見通しと指摘、今後6 か月間の上値余地は限定されると考えているよ
うだ。目標株価は5500 円と設定している。

<8273>  イズミ  1907  -42
売り先行。三菱UFJでは、当面のポジティブ材料は出尽くしたとして、投資判断を
「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に格下げしている。増額修正や増配、自
社株買いの発表で足元の株価は急伸。業況のモメンタム悪化は見られないものの、更
なる増額修正の余地は縮小と。競合出店再加速などで、来期以降の収益予想も幾分下
方修正している。