来週の日経平均株価の予想レンジを発表!
2021年6月11日 ラカンリチェルカ(村瀬 智一)

来週(6/14~18)の日経平均株価の予想レンジは、
2万8500~2万9500円! 膠着した展開が続くなか、
足元で売られていた「ハイテク株」の見直しに期待!

今週の日経平均株価は、米国のCPIやメジャーSQの影響から、
2万9000円を挟んだ狭いレンジでの値動きに留まる

 今週(6月7日〜11日)の日経平均株価は、2万9000円を挟んだ狭いレンジでの値動きとなりました。

■日経平均株価チャート/日足・3カ月
日経平均株価チャート/日足・3カ月日経平均株価チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 米国では、6月10日に5月の消費者物価指数(CPI)の発表が控えていたことで、この結果を見極めたいとの模様眺めムードが優勢でした。特に先月は、4月のCPIが予想を上回る伸びだったことからインフレ懸念が強まって株価下落に繋がっただけに、より慎重な姿勢が強かった印象です。

 国内に目を移すと、6月11日が先物オプション特別清算指数算出(メジャーSQ)だったことから、先物市場では週を通じて限月交代に伴うロールオーバー中心の商いとなり、全体的に方向感の掴みづらい状況となりました。

 個別銘柄では、エーザイ(4523)が、米国のバイオジェンと共同開発したアルツハイマー型認知症の治療薬が米国の食品医薬品局(FDA)に承認されたことを受け、ストップ高を交えての上昇となりました。また、ワクチン接種が加速していることから、アフターコロナを意識した材料株の物色も活発でした。

来週の日経平均株価は、値動きの少ないレンジ相場に!
長期金利の落ち着きからの「ハイテク株の押し目買い」に期待

【来週の日経平均株価の想定レンジ】
 2万8500円 ~ 2万9500円

 
 来週(6月14日〜18日)の日経平均株価は、今週に引き続き2万9000円付近での膠着した展開が続きそうです。

 米国では、5月のCPIは通過しましたが、来週には連邦公開市場委員会(FOMC)や5月卸売物価指数(PPI)、5月小売売上高などが予定されており、インフレ圧力を警戒した動きが見込まれます

 ただし、今回のCPIが予想を上回る伸びだったものの「金融当局が金融緩和政策を変更するほどではない」との見方から、長期金利は足元で低下傾向を見せています。FOMCでも早期の金融緩和政策縮小(テーパリング)への懸念は高まらないと考えられるため、長期金利の落ち着きにより、足元で利益確定の売りに押されていたハイテク株を見直す動きが期待されます

 また、6月10日に日本経済新聞が「台湾積体電路製造(TSMC)が、日本で初となる半導体工場を熊本県に建設する検討に入った」と報じましたが、ハイテク株の押し目買い意欲に対する追い風となりそうです。

【今週の値上がり率・値下がり率・出来高ランキング】
大黒屋ホールディングスが+56.82%で値上がり率トップ!

 ここからは、今週、値動きが目立った個別銘柄を見ていきましょう。

 今週の値上がり率ランキングのトップに輝いたのは大黒屋ホールディングス(6993)でした。先週末の6月4日に子会社である大黒屋が、2022年3月期から2026年3月期を対象期間とする「5カ年事業計画」を発表。2026年3月期は売上高で487.69億円(2022年3月は184.82億円を予想)を見込んでおり、これを材料視した買いが集中しました。株価が2ケタの低位株であることから、短期の値幅取り狙いの資金が中心と思われます。

 値上がり率ランキング2位の日本テクノ・ラボ(3849)は、5月半ばには決算内容が嫌気されて急落しましたが、売りが一巡した後は1000円を割り込まずに底堅い値動きを見せ、足元で株価を見直す流れとなりました。なお、日本テクノ・ラボが扱うストレージソリューションは、ビッグデータ保存用として、医療現場や医療研究機関などからの引合いが増加しているようです。

 値上がり率3位のエーザイ(4523)は、米国のバイオジェンと共同開発中のアルツハイマー型認知症の治療薬「アデュカヌマブ」に関し、米国の食品医薬品局(FDA)が承認した発表。これを受けて大量の買いが集中し、ストップ高を交えての上昇となりました。

 一方、今週の値下がり率ランキング1位はアクセスグループ・ホールディングス(7042)でした。子会社のアクセスプログレスが、ワクチン接種会場におけるレイアウト設計やスタッフの手配、運営などを一貫して受託するサービスを開始したとの発表を受け、先週は大幅に上昇しましたが、今週に入って利益確定の売りが優勢となりました。

 値下がり率ランキング2位のネオマーケティング(4196)は、5月以降、緩やかながらも順調な上昇トレンドが続いていましたが、今週の月曜日から利益確定の動きが強まりました

■今週の値上がり率 トップ5
順位 先週末比(%) 銘柄名(市場・コード)※クリックで最新株価・チャートへ
1 +56.82 大黒屋ホールディングス(東2・6993)
2 +55.37 日本テクノ・ラボ(札ア・3849)
3 +40.92 エーザイ(東1・4523)
4 +31.76 ラピーヌ(東2・8143)
5 +26.16 パレモ・ホールディングス(東2・2778)
■今週の値下がり率 ワースト5
順位 先週末比(%) 銘柄名(市場・コード)※クリックで最新株価・チャートへ
1 −26.55 アクセスグループ・ホールディングス(JQ・7042)
2 −24.20 ネオマーケティング(JQ・4196)
3 −21.70 ジー・スリーホールディングス(東2・3647)
4 −19.87 廣済堂(東1・7868)
5 −15.87 ヒーハイスト(JQ・6433)
■今週の出来高 トップ5
順位 出来高(株) 銘柄名(市場・コード)※クリックで最新株価・チャートへ
1 327,255,800 大黒屋ホールディングス(東2・6993)
2 246,225,000 音通(東2・7647)
3 235,767,500 三菱UFJフィナンシャル・グループ(東1・8306)
4 189,168,800 ルネサスエレクトロニクス(東1・6723)
5 133,483,200 オンキヨーホームエンターテイメント(JQ・6628)

【来週の主要イベント】
米国のFOMCや小売売上高、日銀金融政策決定会合に注目!

 来週は以下のようなイベントが予定されています。

<6月14日(月)>
◆4月鉱工業生産確報値
◆4月設備稼働率
◆欧4月鉱工業生産

<6月15日(火)>
◆4月第三次産業活動指数
◆独5月消費者物価指数(CPI)改定値
米連邦公開市場委員会(FOMC)
◆米5月卸売物価指数(PPI)
米5月小売売上高
◆米6月ニューヨーク連銀製造業景気指数
◆米5月鉱工業生産

<6月16日(水)>
◆5月貿易統計
◆4月機械受注
◆中5月小売売上高
◆米5月住宅着工件数
米連邦公開市場委員会(FOMC)、政策金利発表 
パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長会見

<6月17日(木)>
◆日銀金融政策決定会合
◆欧5月消費者物価指数(HICP)改定値
◆米6月フィラデルフィア連銀製造業景気指数
◆米5月景気先行指標総合指数

<6月18日(金)>
日銀金融政策決定会合、政策金利発表
◆5月全国消費者物価指数(CPI)
◆Enjin(7370)マザーズ上場⇒IPOに関する詳細情報はこちら
◆独5月生産者物価指数(PPI)

【来週の注目銘柄】
「トビラシステムズ」「エムアップホールディングス」
「Macbee Planet」の3銘柄をピックアップ!

 来週、注目したい銘柄はこの3つです。

トビラシステムズ(2021年6月11日時点)
業種 市場・コード 株価 予想PER 実績PBR
情報・通信 東1・4441 1389円 40.9倍 11.18倍
2Q決算で売上高は計画通り、利益は計画比で上振れ
独自のデータ収集により、迷惑電話番号や迷惑メール、有害サイトのURLなどをデータベース化し、迷惑電話フィルターサービスを提供しています。6月10日に発表した第2四半期決算では、売上高が前年同期比17.6%増の6.93億円、営業利益が同18.1%増の2.86億円でした。ストック収益が着実に成長し、売上高は計画通り伸長。販管費が抑制傾向にあり、利益は計画比で上振れています。株価は、5月13日につけた安値1228円を底値に緩やかなリバウンドを見せており、直近で25日移動平均線を突破しています。
最新の株価チャートはこちら(楽天証券公式サイトへ)
エムアップホールディングス(2021年6月11日時点)
業種 市場・コード 株価 予想PER 実績PBR
情報・通信 東1・3661 3155円 34.3倍 6.69倍
VRを活用したライブ・コンサートの配信に注力
アーティストやタレントのファンクラブサイト運営を主軸に、キャラクターを使用した各種コンテンツの配信やアプリ開発、eコマースなど、事業を多角化しています。また、VR(バーチャル・リアリティ)を活用したライブ・コンサートの配信に向けた取り組みに注力しています。株価は4月12日につけた高値3200円をピークに下落が続いていましたが、5月17日の安値2411円を底値に上昇トレンドに転換。6月11日には大幅上昇で75日移動平均線を一気に突破し、4月の高値に接近しているので、高値更新からの一段の上昇が期待できます。
最新の株価チャートはこちら(楽天証券公式サイトへ)
Macbee Planet(2021年6月11日時点)
業種 市場・コード 株価 予想PER 実績PBR
マザ・7095 5510円 41.2倍 10.26倍
企業のDXをサポートする新規事業を開始
インターネットを活用した販売促進や集客、知名度向上を目指す企業に対して、マーケティングの課題解決を行なっています。6月1日からは、企業のDX(デジタル・トランスフォーメーション)をサポートする新規事業を開始しました。株価は、4月7日につけた高値7650円をピークに下落トレンドが続いています。値動きとしては弱いのですが、心理的な下値支持線として意識される5000円の節目に接近しているため、目先の底入れ感が高まる展開を期待したいところです。
最新の株価チャートはこちら(楽天証券公式サイトへ)

【※今週のピックアップ記事!】
「電炉」&「鉄スクラップ」は鉄鋼業界の“脱炭素”に関わる重要な投資テーマ!「東京製鐵」「イボキン」など、業界全体のCO2削減を進める注目銘柄を紹介!

「楽天ふるさと納税」は“ポイント還元率”がもっとも高い最強の「ふるさと納税ポータルサイト」!「楽天ふるさと納税」の特徴やメリット・デメリットを解説!