最新株式ニュース
2013年2月7日 フィスコ

出来高変化率ランキング(14時台)~ニコンはネガティブサプライズ決算で一時ストップ安

ニコン<%%%7731%%%>がランクイン。前日に発表した第3四半期の決算がネガティブサプライ
ズと捉えられている。10-12月期営業利益は21億円、通期予想を720億円から480億円
にまで下方修正している。コンセンサスに対しては、10-12月期実績で200億円、通期
で300億円程度下振れる格好に。映像事業の下振れが下方修正の主因になっているも
よう。UBS、JPモルガン(JPM)など、投資判断格下げの動きも相次いでいる。


■出来高変化率上位 [2月7日 14:31 現在]
(直近5日平均出来高比較)

コード⇒銘柄⇒出来高⇒5日平均出来高⇒出来高変化比率⇒株価変化率
<%%%5352%%%>黒崎播磨       5965000  464200  1185.01% 9.44%
<%%%6362%%%>石井鉄        1520000  146400  938.25% 4.28%
<%%%4651%%%>サニックス      12803500  1275520  903.79% 11.71%
<%%%7731%%%>ニコン        28168500  2916880  865.71% -18.87%
<%%%7014%%%>名村造        2820300  302800  831.41% 8.70%
<%%%6844%%%>新電元        5005000  542600  822.41% 23.47%
<%%%6369%%%>トーヨーカネツ    8223000  1094800  651.10% 10.89%
<%%%1916%%%>日ビルド       2954000  396600  644.83% 5.43%
<%%%8291%%%>日産東HD      1572000  239000  557.74% 4.29%
<%%%3398%%%>クスリのアオキ    136500  21940  522.15% 8.75%
<%%%7990%%%>グローブライ     3077000  516000  496.32% 3.48%
<%%%6440%%%>JUKI       18569000  3409600  444.61% 5.62%
<%%%3668%%%>コロプラ       442700  82080  439.35% -6.93%
<%%%7740%%%>タムロン       1687200  329520  412.02% -9.44%
<%%%7951%%%>ヤマハ        3899200  863160  351.74% -16.67%
<%%%6459%%%>大和冷        413000  94400  337.50% 1.94%
<%%%2138%%%>クルーズ       45488  10556.6  330.90% 21.72%
<%%%8835%%%>太平発        2221000  519400  327.61% 2.04%
<%%%1976%%%>明星工        755000  180200  318.98% 7.01%
<%%%2388%%%>ウェッジHD     12165  2914.8  317.35% 17.86%
<%%%6494%%%>NFK−HD     1443500  369000  291.19% 6.19%
<%%%7613%%%>シークス       615600  164140  275.05% -7.20%
<%%%8007%%%>高島         1626000  445200  265.23% 3.17%
<%%%5801%%%>古河電        33000000  9184400  259.30% 11.28%
<%%%2815%%%>アリアケ       194500  56620  243.52% 3.29%
<%%%2730%%%>エディオン      2165100  643000  236.72% -6.42%
<%%%4047%%%>関電化        1174000  352400  233.14% 5.56%
<%%%7261%%%>マツダ        670878000  203676600  229.38% 13.07%

<%%%4614%%%>トウペ        2659000  807800  229.17% 1.64%
<%%%1861%%%>熊谷組        8048000  2494000  222.69% -5.93%

20日移動平均売買代金が5000万円以下のものは除外

※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当日の出来高を比較す
ることで、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。