最新株式ニュース
2013年2月28日 フィスコ

鉱研工業---買い優勢、海洋掘削の大幅上昇が刺激材料に

<%%%6297%%%>  鉱研工業  340  +11
買い優勢。昨年、南鳥島沖の海底で発見された大量のレアアースの濃度が、元素によ
っては中国の鉱山の30倍余りに上っていることが分かったと報じられたことが材料視
されている。東証1部市場では海洋掘削<%%%1606%%%>が約9%の大幅高となっており、地下資
源工事用の掘削機械を手掛ける同社などへの刺激材料ともなっているようだ。