原宿投資研究所
2014年3月3日 ザイ・オンライン編集部

3月3日の株式市場で注目されたニュースは?
株式ニュースのアクセスランキング・ベスト10!

今日(3/3)の最新市況のほか、急騰・急落・出来高急増などの銘柄ランキング、株価に影響を与えた個別銘柄の好材料・悪材料などのトピックス、テクニカル分析などのニュースの中から、特に投資家の注目を集めたニュースを発表!このランキングで今日の株式市場の動きを振り返ってみよう!

アクセスランキング1位

今週の日本株見通し:
海外イベントを控え中小型が物色の中心に

今週は引き続き国内では目立った材料が観測されないなか、5日の中国・全国人民代表大会、6日の欧州中央銀行による政策金利の決定、週末の米雇用統計など、海外では重要なイベントが相次ぐ。足元の米国経済指標は今冬の大寒波の影響で下振れが続…続きはこちら

アクセスランキング2位

注目銘柄ダイジェスト(前場):
ファーストリテ、石川製、ミクシィ、コロプラなど

ファーストリテ<9983>:35375円(前日比+325円)
買い優勢。米Jクルーの買収に向けて協議を開始したと先週末に伝わっている。シティでは、中長期的な成長戦略などを考慮すると同買収は整合的に映るが、買収金額最大50億ドルはフリー・キャッシュフローや総資産に対して過大に映ると…続きはこちら 

アクセスランキング3位

前場に注目すべき3つのポイント~
ウクライナ情勢緊迫で慎重姿勢が強まりやすい

3日の東京市場は不安定な相場展開になりそうだ。先週末の米国市場は2月のシカゴ購買部協会指数やミシガン大学消費者信頼感指数が予想を上回ったことが好感されたものの、ウクライナ情勢への警戒から急速に…続きはこちら

アクセスランキング4位

狼狽売り一巡で短期的なショートカバーも
日経平均は大幅に下落。259.24円安の14581.83円(出来高概算11億5000万株)で前場の取引を終えている。一時14500円を割り込み、2月20日以来の安値水準をつける局面もみられている。ウクライナ情勢の緊迫化と北朝鮮のミサイル発射など地政学…続きはこちら

アクセスランキング5位

ウクライナ情勢緊迫で不安定な相場展開に
3日の東京市場は不安定な相場展開になりそうだ。先週末の米国市場は2月のシカゴ購買部協会指数やミシガン大学消費者信頼感指数が予想を上回ったことが好感されたものの、ウクライナ情勢への警戒から急速に上げ幅を縮小する展開だった。シカゴ日経225先物清算値は大証比60円…続きはこちら

アクセスランキング6位

本日のスケジュール
[本日のスケジュール]
<国内>
・08:50 10-12月期法人企業統計調査
・11:00 菅官房長官、定例記者会見
・16:00 菅官房長官、定例記者会見
<海外>
・08:30 豪・2月TDセキュリティーズインフレ指標(1月:前年比+2.5%)
・10:00 中国・2月非製造業PMI(1月:53.4)
・10:45 中国・2月HSBC製造業PMI改定値(予想:48.5、速報値:48.3、1月:
49.5)
・18:00 ユーロ圏・2月製造業PMI改定値(予想:53.0、速報値:53.0)
・18:30 英・2月製造業PMI(予想:56.8、1月:56.7)…続きはこちら

アクセスランキング7位

コロプラ---
大幅反落、ネット関連の急落でマザーズ指数は4%超下落

<3668> コロプラ 2743 -185
大幅反落。同社やミクシィ<2121>、サイバエージ<4751>、ADWAYS<2489>など、マザーズ市場では主力のネット関連株の下落が目立っている。2月の急落で需給環境の悪化による影響が燻る中…続きはこちら

アクセスランキング8位

後場に注目すべき3つのポイント~
ウクライナ情勢の緊迫化で短期値幅取り狙いに

月3日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・狼狽売り一巡で短期的なショートカバーも
・ドル・円は101円43銭付近、東京株式市場の下落で軟調に推移
・期資金の逃げ足は速いが、値動きの軽い材料株などに関心が向かい…続きはこちら

アクセスランキング9位

強弱材料 3/3
[強弱材料]
強気材料
・シカゴ225先物清算値14920円、大証比60円高
・NYダウ3日続伸、堅調な経済指標を好感
・米2月シカゴ購買部協会景気指数、59.8と市場予想を上回る
・米2月ミシガン大学消費者信頼感指数(確定値)、81.6と市場予想を上回る
・欧州株式市場、ドイツ株を中心…続きはこちら

アクセスランキング10位

セガサミーHDは遊技機販売のずれ込みで大幅下方修正
セガサミーHD<6460>は、今期の営業利益見通しを730億円から370億円へと大幅に下方修正した。第4四半期に予定していた遊技機の販売が、来期以降にずれ込む見通しとなったことが背景。期ずれによる影響ではあるものの…続きはこちら